大商大で出会えた、農業経済の魅力

総合経営学部 経営学科 井 崇晃くん × 経済学部 経済学科 中塚 華奈先生

やるかやらないか迷って、やる方を選んだ大学生の軌跡!

「今、大学の先生と、東大阪市の方と一緒に、
夢を追いかけているんです」

彼に一体何があったのか?ちょっとお話を聞いてみました!

img_pro01.jpg
総合経営学部 経営学科 井 崇晃くん (熊本県立熊本北高等学校 出身)

熊本県阿蘇郡産山村(うぶやまむら)出身。実家は畜産と農業を営む。OBPに所属し経済学を学びながら、学外では農業を修得。大商大の学びや経験を活かして、地元を盛り上げるのが夢。

img_pro01.jpg
経済学部 経済学科 中塚 華奈先生

神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程資源生物科学専攻を修了。専攻は農業経済学や食農教育、オーガニック。休日は、自ら主催するNPO法人の活動で多忙な日々を送る。

出会ったきっかけは何ですか?

  • 中塚先生経済学部 経済学科
    私は経済学部で、「農業経済学」を教えています。井くんは総合経営学部なのですが、ある日、私が授業を終えて研究室に戻ろうとすると彼が私を待ち受けていて…。
  • 井くん総合経営学部 経営学科
    実家の農家を継ぐと決心していたものの、大商大は経済•経営が中心。農業のことを相談できる方が中塚先生しかいなくて。藁をもすがる想いで待ち伏せしてました(笑)。
  • 中塚先生経済学部 経済学科
    私の方は、何か重大なことを告白されるのかとドキドキ…(笑)。井くんの農業に対する熱い想いに感動し、早速、知り合いの東大阪市の職員で農業政策を担当されている田中康太さんに相談すると、地元の農家さんを紹介してくれて。
  • 井くん総合経営学部 経営学科
    僕はOBPコースに所属しているんですが、日本と中国の学生で起業に関して発表する「日中起業教育国際シンポジウム」に参加することになり、発表の準備のためにその農家さんのところで勉強させていただけることになったんです。
  • 中塚先生経済学部 経済学科
    井くんは、東大阪市の「ファームマイレージ2運動*」をテーマに発表するため熱心に通っていましたね。私はOBPコースの担当教員ではありませんが、毎回のように付き添って。まるで彼のお母さんみたい(笑)。
    *「ファームマイレージ2運動」
    東大阪市農業振興啓発協議会が行っている運動。地域の畑の野菜を食べることで、野菜が育つ畑を守る(増やす・残す)システムとして実施中。
  • 井くん総合経営学部 経営学科
    大商大の先生は、中塚先生も含めてすごく親身になってくれるんです。他の先生方にも農業系大学の先生を紹介していただき、そこから人の輪が広がっていったり…。本当に感謝していますね。

大商大の学びは農業に活かせますか?

  • 井くん総合経営学部 経営学科
    もともと農業系の大学に進むことを考えていたんですが、大商大のOBPコースに魅かれて。実家の農家を継ぐときには、経営のノウハウも必要だと思ったんです。
  • 中塚先生経済学部 経済学科
    彼は、シンポジウムの発表の後も農家さんに通いつづけて、今では収穫した野菜を自分で直売所や大学近所のお店に出荷してます。まさに、身をもって経済•経営を“実習”しているわけです。
  • 井くん総合経営学部 経営学科
    東大阪市のJA直販所では、お世話になっている農家さんの畑で収穫した春菊をインスタントラーメンの具にして、中塚先生と調理して販売したり。
  • 中塚先生経済学部 経済学科
    2人お揃いのエプロンでね(笑)。井くんの積極的な活動がきっかけで、東大阪市の農業支援活動プロジェクト「ひっしのぱっちで紡ぐ農(モノ)づくり」発足につながったんです。まさに産官学連携の理想!

これからの夢は何ですか?

  • 井くん総合経営学部 経営学科
    実は、父は僕が跡を継ぐことには反対でした。でも日本農業新聞に僕の大学と東大阪市での活動が紹介されたことから熱意を感じてくれて、最近は応援してくれるようになりました。
  • 中塚先生経済学部 経済学科
    実家に帰省したときに、地元テレビ局の成人式の中継で「僕は農家になる!」と宣言してしまったんだよね?
  • 井くん総合経営学部 経営学科
    そうなんです。将来は、生まれ故郷の農業を発展させて、産山村(うぶやまむら)を有名にするのが夢。その目標に向かって頑張ります!
  • 中塚先生経済学部 経済学科
    私はとにかく、彼が道筋をつけられるよう最大限サポートしたいですね。井くんのような学生さんのためなら、大商大の教員はとことん手伝いますよ~!

東大阪市役所 田中 康太さんからのメッセージ

東大阪市に限らず、都市部の農家は高齢化が顕著です。そんな中で、農業を手伝ってくれる若い力を求める農家と、実家の農業を継ぎたい、あるいは農業を始めたいと考える学生の、両方のニーズを満たす形で発足したのがひっしのぱっちで紡ぐ農(モノ)づくり」プロジェクトです。

事業では、単に農作業を学生に手伝ってもらうだけではありません。土づくりや野菜のつくり方など、基礎的な生産技術から出荷•販売に至るまで、身をもって体験していただきます。そうしたノウハウを学んだ学生が帰郷して別の場所で農業を始めても、東大阪の農家の伝統はその地で伝承されます。“Made by Higashiosaka”として、日本各地で生き続けていくわけです。東大阪市では、そんな新しい形での“地産地消”を始めているところです。

井くんのような学生と東大阪の農家がこれからもWin-Winの関係を結びながら、地元の活性化に貢献してくれることを大いに期待しています。

農業をされている田中 幸雄さんからのメッセージ

「ひっしのぱっちで紡ぐ農(モノ)づくり」受け入れ農家

井くんには、土づくりや肥料のやり方などを教えています。毎年、4、5品種の野菜を栽培していますが、彼の実家からチンゲンサイの種を送ってもらって育てたり、今までこちらで栽培したことのない品種に挑戦したりしています。彼から学ぶことは多いですね。

とにかく、井くんはものすごく頑張り屋。いろいろと手伝ってもらって本当に大助かりです。

3分でわかる農業経済学

「農業経済学」を知りたい人は
この動画をチェック!

総合経営学部 経営学科