ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. アミューズメント産業研究所トップページ
  2. 研究所の紹介

研究所の紹介

研究所の紹介

国内外の貴重な所蔵資料を豊富に揃え、
比較文化の手法で多面的に研究

アミューズメント産業研究所とは

アミューズメント産業研究所イメージ写真
アミューズメント産業研究所イメージ写真

2001年に大阪商業大学の附置研究所として設置されたこの研究所は、余暇活動に対する国民の関心の高まりを受けて誕生した、大学レベルとして日本初の余暇産業を研究する専門的研究機関。現代生活における「遊び」や「趣味」、「楽しみ」といった余暇活動について、歴史、文化、経済、法律的な側面から包括的に分析し、将来のアミューズメント産業のあり方や方向性を追究しています。国内外の民族玩具と現在流行しているゲームとの比較文化的研究、国内外のギャンブルや宝くじの多面的研究などテーマも多彩で、学術書・機関誌も刊行。
また、世界のギャンブルやゲームに関する資料といった収蔵品等の展示も行っています。
また、様々なネットワークを構築し、共同研究などにも積極的に取り組んでいる本研究所では、2007年度「UGプロジェクト」と「ギャンブル依存症研究会」を発足しました。
■UGプロジェクト
神戸芸術工科大学との共同研究により、視覚障害者用の碁盤を開発しています。
■ギャンブル依存症研究会
社会科学や医学・病理学等の様々な分野から研究者をお招きし、「ギャンブル依存症」の研究会を開催しています。

所蔵資料紹介

大局将棋

大局将棋の写真

36マス×36マス、駒数804枚、盤上に駒を並べるのに2人がかりで1時間。駒の種類・数・盤の規模ともに世界最大の『大局将棋』は、日本でも数組しか存在しないと言われている。

チャンギ

チャンギの写真

韓国・北朝鮮の将棋『チャンギ』。八角形の駒が特徴。古くは木の枝を適当な厚さに切り、駒の名前を書いて遊んだという。

常設展示のご案内

展示内容 大局将棋、世界の将棋、チェス、麻雀牌 etc.
開所時間 10:00~16:30
休所日

日曜日、祝日、創立記念日(2月15日)、年末年始、大学の休暇中、その他研究所が定めた日 (ただし、休所日はあらかじめ提示します。)

所在地

地図