ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大Story
  3. 岡田 明丈・近藤 大亮・吉持 亮汰

大商大Story岡田 明丈・近藤 大亮・吉持 亮汰

技術・精神面両方で飛躍的に向上した大商大野球部の4年間

大商大の野球部に入ろうと思ったのはなぜですか?

近藤
中学も高校も、野球部の監督が大商大でした。そんな恩師にすすめられ大商大野球部に。他の大学は全く考えませんでした。
岡田
もともと、高校が附属高校だったこともあり、そのまま大商大に進学。入部したのは、練習や試合を見た大学の富山陽一監督に誘われ、高校の監督にも後押しがあったからです。
吉持
自分の場合も、高校の野球部の監督が大商大出身でした。高校の先輩方も数多く大商大の野球部で活躍されていたので、迷わず選びました。

印象に残っていることは何ですか?

近藤
優勝がかかっていた4年生の秋季リーグの試合で京産大相手に完投で完封勝利したことです。入学のタイミングと同時に就任した富山監督をずっと胴上げしたいと思っていたので、その夢がかなって感無量でした。
監督には、1年生のときからずっと「お前はプロになれ」と言われ続けていました。だから自分としては4年生にはプロに行きたい気持ちもありましたが、監督が「社会人から目指した方が絶対にものになる。俺を信じろ!」と説得され実業団へと進みました。自分でも絶対にプロになると心に決めて必死で頑張れたので、監督の言葉を信じて本当によかったです。
岡田
試合で強く印象に残っているのは、4年生の秋季に行われた関西選手権で、ランニングホームランを打たれて負けたとき。自分の力不足を痛感して悔しかったです。
自分自身では試合に出たら、絶対に結果をださないといけないという強い想いでマウンドに上がるようにしていますが、入部当初は全く結果が出ませんでした。そんなときに監督が発した「部員のなかにいると使ってしまうから、どこかに行ってくれ!」という言葉が衝撃的で...。その悔しさが原点となり、励みにもなって頑張ることができたと思います。
吉持
試合としては、4年生の全日本大学野球選手権大会でベスト8どまりだったこと。自分自身は活躍できましたが、悔しかったですね。ただ、自分たちをしっかり見直すよい機会になったので、負けて勉強になりました。
監督の「選ばれているメンバーとして責任を果たせ」という言葉も、心に強く残っています。他にも、「厳しいことをやってから休む!」など、印象的な言葉を数多くいただきました。今の自分があるのは、監督のおかげだと思います。

技術面や精神面で成長したと思うことは何ですか?

近藤
監督は常に、部員に向かって「練習は精神の安定」と説く方で、監督にはいろいろなことを教わりました。最初はとにかく怖いイメージ(笑)。まずは、礼儀から徹底的に教え込まれました。人として当たり前のことを学ぶうちに、実際に結果もついてくるようになりました。
監督は技術面だけでなく、試合に絶対に勝つという闘争心、精神面での強さも植え付けてくれました。最初は理不尽だと感じるくらい、よく怒られましたね。ただ、上の学年になると、それだけ期待も大きいことを実感するように。それに応えたいという想いが、チームに対する責任感につながったと思います。
また、大商大野球部は、文武両立を目指して部活を行っています。野球部員であっても他の大学生と全く同じ。そんなところでも鍛えられました。
岡田
ピッチング面では、監督の提案で"地下足袋"をはいて練習していたのですが、そのおかげで下半身の粘りがついてコントロールが安定するようになりました。
私も近藤先輩と同じで、「練習は精神の安定」という監督の言葉は常に意識しながら練習していました。自分の場合、入学当時はプロなんて本当に遠い世界でした。その夢をかなえることができたのも、監督の言葉を信じて必死で練習してきたからだと思います。
吉持
遠征先のホテルで、監督に部屋に呼ばれて夜中の12時までバッティングの指導をしていただいたことがありました。その後は、面白いように打てるようになりました。
自分が中心になってチームを引っ張るという気持ちになり、精神面で鍛えられたのも監督の指導のおかげだと思います。厳しく叱咤することで監督が伝えたかったのは、自分たちで考えて行動しろということ。その意味では、人間的にも成長できたのではないでしょうか。

これからの目標を教えてください

近藤
まずは1軍に定着し、優勝に貢献すること。チームの期待に応え、新人王を獲得するのが目標です。交流戦で岡田や吉持と対戦するのも楽しみですね。
岡田
カープには黒田博樹投手という偉大な先輩がおられるので、自分自身いろいろと吸収し1軍で二桁勝利を目指したいです。
吉持
1年目から、1軍の試合になるべく多くの試合に出たいと思います。盗塁王を取ることが、最終的な目標です。

メッセージをお願いします

野球部で部活に打ち込むにしても、他のどんなことをするにしても、明確な目標やビジョンを持つことが大事。スポーツが盛んな大学•大商大で、文武両道を目指そう! 自分の場合は大商大の他の学生と同じように、在学中はアルバイトを経験。学業と部活も併せて両立することができました。野球部に入部したら大学生活も一緒に頑張って成長しよう! 大商大の学生は、明るく元気な人が多いイメージです。そんな環境のなかで、部活や勉強、生活面も含めてすべてに対して4年間一生懸命に取り組めば、必ず何かを得るはずです!

高校生へメッセージ

関連リンク

3人が対談している動画はこちら

近藤大亮さん卒業時のインタビューはこちら

他の大商大Storyを見る