ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大Story
  3. 北村 佳寿美

大商大Story北村 佳寿美

北村 佳寿美 「みんなと一緒に、ボールをつないで」

大学をやめる覚悟で飛び込んで、積極的に部員をサポート

マネージャーになったときのエピソードを教えてください

私は小学校から中学までバレーボールの選手をしていました。高校のときは中学の友だちに誘われたこともあり、男子バレーボール部のマネージャーを務めることに。次第に、大学に進学したら強豪校でやってみたいと思うようになりました。徹底的に調べた結果、大商大のバレーボール部が日本代表監督も在籍していた強豪校であることを知り、「大商大でマネージャーになりたい!」と考え受験しました。
いざ入学すると、監督からは、主務の男子で足りているので女子マネは取らない方針だとあっさり断られることに。それでも私は一歩も引き下がらず、「バレーボール部のマネージャーができないなら大学をやめます!」と、その場で宣言。すると、監督もそこまで言うならと、マネージャーとしての入部を許可してくれることになりました。

マネージャーとして頑張ったことは何ですか?

高校時代は、言われたことさえしていればよかったのですが、大学ではそうはいきません。積極性と自主性が求められます。そこで、自分なりに考えたのが、トレーナーの仕事を覚えることでした。
大商大の体育会系クラブでは、外部からトレーナーの方に来ていただき、応急的な対応をしてもらっています。ただ、週に数回のみなので、それ以外の日に部員が怪我をしたときはだれも対処できる人はいません。そこで、トレーナーの方にテーピングの方法などを教えていただき、自分でも応急処置の勉強をすることに。2年生の時には、簡単な処置なら自分で判断してできるようになりました。

部活を通してうれしかったこと、成長したと思うことは何ですか?

マネージャーとして慣れてきた2年生のとき、秋に開催された西日本バレーボール大学男子選手権大会で見事に優勝を飾りました。そのときは、4年生のマネージャーの先輩が教育実習と重なっていて不参加。私がベンチに入って、マネージャーの仕事を果たすことになりました。それだけに、優勝という最高の結果を残せたことがうれしくて、一番印象に残っています。
バレーボールの魅力は、選手全員でひとつのボールをつないでプレーするところ。一人ひとりが、ボールを絶対つなぐぞという強い意志がないと勝つことができません。その意味でも、この優勝は部員全員で勝ち取った勝利。私自身も、部員や後輩たちに支えられて強くなることができたと思います。

将来の夢を聞かせてください。

私は卒業後、ストレッチ専門店を展開する企業に就職。スポーツトレーナーとして、社会人での一歩を踏み出します。
私自身、バレーボールというスポーツを通して数多くの仲間や関係者の方に出会い、さまざまなことを学んで人間的にも成長することができました。これからもずっとスポーツに関わり、スポーツ人口・施設が増えてほしい。そう願いつつ、関係者のひとりとして頑張っていきたいです。

ひと言コメント

大商大のバレーボール部はレベルが高くて、競技環境も最高!

他の大商大Storyを見る