ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大Story
  3. 田代 翔太・ 宵 豊一

大商大Story田代 翔太・ 宵 豊一

田代 翔太 「生まれ変わるきっかけを与えてくれた、人との

Brand new you. --さまざまな出会いによって、全く新しい自分へ

コンテストに応募しようと思ったのはなぜですか?

大商大では、自分自身で決断し行動できる人材、またチームを率いてそのリーダーとしてプロジェクトを進められる人材を育成することを目標に、実践教育の一環として、10年以上「大商大ビジネス•アイディアコンテスト」を実施してきました。第10回大会からは、教員と職員が協働で地域の企業から課題をいただいて、学生のアイディアを募る課題部門を設け、自由部門と併せて募集を行っています。11回目となる今回は、地元企業である旭電機化成株式会社より課題をいただいて、「マグネット反射ワッペン」という商品が誕生しました。
このアイディアを提案し、商品化に至るまで携わったのが田代君です。
田代
私は現在4年生ですが、実は入学して5年目。3年生までは、アルバイトをしたり遊んでばかりでほとんど大学に来ていなかったため、必要単位が修得できずにいました。そのため、もう一度4年生をやり直すことになったのです。
そもそも、「大商大ビジネス•アイディアコンテスト」に応募したのも、授業での課題だったことが主な理由です。ただ、どうせなら、自分の思いを込めたアイディア作品を提出したいということで今回の提案を考えました。

いつ、自分自身が変わってきたと感じましたか?

多分、3年生の頃までの田代君は、楽しいということの本質をはき違えていたのでしょうね。
コンテストの上位入賞4名が経験できる「海外ビジネス研修」は、ベトナムで展開する日系企業や国際協力機構(JICA)の視察、語学学校の学生との交流などを経験できるプログラムとしましたが、出発前の事前学習では、田代君にはまだやる気がないように感じました。
目の色が変わってきたなと思うようになったのは、「マグネット反射ワッペン」の商品化が進みかけたときからだと思います。今年の2月に開催された東京インターナショナルギフトショー(展示会)を視察した際に、田代君の試作品が展示ブースに置かれ、今までの日常生活とは違った実際のビジネスの場を経験したことが大きかったのではないでしょうか。
田代
自分のなかでは、これによって意識が変わったという分岐点があったわけではなく、気がついたら全く違う自分になっていたという感覚です。ちょうど、東京インターナショナルギフトショーに宵さんと一緒に同行したときは「海外ビジネス研修」の直前でしたが、事前学習でベトナム総領事館を訪ねたり、ベトナムやミャンマーの留学生と交流した段階から少しづつ意識の変化は感じていましたね。
「海外ビジネス研修」で関西国際空港から出発する際に、学生を代表して田代君が挨拶をしたのですが、彼は私が学生たちに伝えたいことをすべて語ってくれました。『海外での思い出づくりと、人と人とのつながりを深めて、その国の良さを知り、日本の良さにも気づく研修にしよう』と。この挨拶を聞いて、必ず成長して帰国すると感じました。
田代
「マグネット反射ワッペン」を商品化するまでには、企業との打合せに同行したり、いつも助言してくれた宵さんはもちろん、旭電機化成株式会社のご担当者の方々や、商品化のためのアンケート調査に協力していただいた方など、本当にたくさんの方々の協力をいただきました。こうした方々の協力がなければ、商品化は実現しなかったと心から思います。このような経験を通して、感謝という言葉が素直に口から出せるようになりました。

将来の夢を聞かせてください。

私は何事においても人と人とのつながりが大事であると考えています。
私が経験して身をもって感じた「人との出会いの大切さ」を学生たちにも感じてもらい、人間的に成長し、社会に役立つ人物になってほしい。そう考え、地域や企業等の協力を得て、教職員が協働でさまざまな取組みを行っています。その意味では、田代君は新しい自分を見つけるきっかけを活かして成長した学生のひとりであるといえるのではないでしょうか。
田代
私もこうした経験をするなかで、もっと地域に、もっと海外にとどんどん興味が広がりました。"つながり"を求めて、何事にも積極的に行動するタイプに生まれ変わりましたね。すごく忙しい日々を過ごしていますが、以前とは充実感がまったく違いますし、毎日楽しい時間を過ごしているなと感じています。
私の将来の夢は消防士になること。この将来の夢に挑戦する気持ちや何事に対しても好奇心を持つ心を忘れずに、自ら行動するリーダー的存在になりたいです。

ひと言コメント

大商大が投げかける 大学4年間はあっという間。何事も自主的に、積極的に取り組んで!

他の大商大Storyを見る