予定数に達しましたので、受付を終了いたしました。
たくさんのお申込み誠にありがとうございました。

Early Bird Universityは、
早朝に行われる「学びと教えの場」のことです。
正規の授業ではなく、市民をはじめ地域で働く方々、
出勤途中の方々、その他どなたでも参加いただけます。

  • テーマ
  • 5/29
    オリエンテーション
    大坂からみた河内講師:谷岡 一郎(学長)
    石上 敏(経済学部 教授)
  • 6/5
    年貢米が結ぶ
    大坂と江戸講師:池田 治司(商業史博物館 学芸員)
  • 6/12
    大坂画壇:
    大坂商人のネットワーク講師:明尾 圭造(公共学部 准教授
    商業史博物館 主席学芸員)
  • 6/26
    広がる大阪:
    鉄道が果たした役割講師:谷内 正往(総合経営学部 准教授)
  • 7/3
    大坂を支えた金融講師:加藤 慶一郎(総合経営学部 教授
    商業史博物館長)

テーマは予告なしに変更します。また、テーマによってゲストスピーカーが登壇する場合があります。

開催会場:
大阪商業大学/ユニバーシティ・コモンズ リアクト(University Commons re-Act)内「リアクトカフェ」

Message

朝のさわやかな時間の活用化
―頭の活性化、新発想へのヒント―に
使ってもらえるなら本望です。

良い本を廻し読みし、その本について語り合う。もしくは友人や恋人と映画を観て、その感想を語り合う。かつてこうした「語り合い」こそが、人間関係を密にするコミュニケーションであり、教養の発露でもありました。「教養(の発露)とは、知と礼節のキャッチボールのようなもの」との名言を残したのは、知の巨人のひとり、梅棹忠夫氏ですが、スマホやコンピュータで何でも検索できる時代にこそ、必要な素養と信じます。

この試験的レクチャー・シリーズは、大阪商業大学の学長を務める(知の凡人)谷岡一郎がメインとなってプロデュースしますが、その目的は世の中について語り合うことに他なりません。谷岡から皆さんへの話題提供としてのレクチャーもありますが、それに対する皆さんのフィードバックを中心に進めるつもりです。朝のさわやかな時間の活用化―頭の活性化、新発想へのヒント―に使ってもらえるなら本望です。

谷岡も皆さんから、多くのことを学びたいと思っています。単独の回だけでもOK。朝のひととき、知と礼節のキャッチボールに参加したいという方々のご来校をお待ちします。

学長 谷岡一郎

【プロフィール】

学歴:
慶應義塾大学法学部 1980年卒業
南カリフォルニア大学行政管理学部大学院修士課程 1983年修了
南カリフォルニア大学社会学部大学院博士課程 1989年修了
学位:
Ph.D.(社会学)、MPA(行政管理学)
専門分野:
社会調査論、犯罪学、ギャンブル社会学

詳しいプロフィールはこちら

日時
2018.5.29(火)~7.3(火)の期間の毎週火曜日(6/19(火)は除く/全5回)
7:30~8:15
場所
大阪商業大学/ユニバーシティ・コモンズ リアクト(University Commons re-Act)内「リアクトカフェ」
講師
本学 教員
受講料
無料(どなたでも参加可能です)
定員
40名(各日程・先着順)
参加申込みはこちら
(満員御礼)