授業の事例紹介

事例紹介インデックスに戻る

Pick Up Lesson Vol.83

 

産業教育研修講座「地域に根ざす人材育成のために」

大阪商業大学 総合経営学部商学科 准教授 中嶋 嘉孝

 平成28年7月29日(金)、大阪商業大学総合経営学部商学科 准教授 中嶋嘉孝(起業教育委員)が和歌山県教育センター学びの丘で高等学校の42名の教職員を対象に「地域に根ざす人材育成のために」と題して産業教育研修講座が開催されました。

 本学総合経営学部商学科 准教授 中嶋嘉孝が最初に「地域に根ざした人材育成のために」と題し講義を行いました。また午後からは各部会に分かれ商業科部会の講師を担当し、本学が主催する「全国高等学校ビジネスアイディア甲子園の取組」の研修を実施しました。

 今回の出張講義を受講された先生方からは、以下のご感想をいただきました。

 全体講義
 「和歌山県やそれ以外にもたくさんの都道府県のデータや事例を挙げ、とてもわかりやすい講演だった。特に和歌山県の特色、課題を改めて確認することができ、授業に生かしていきたい。」
 「具体的に和歌山県のデータを提示し課題や高校の教育活動に取り入れるべき事が見えやすく、たいへん参考になった。」
 「身近な事例や話題を提示していただき、親近感がわき、興味深い内容であった。和歌山県の人口が減少していく中で、子供達に地元愛を持ってもらい、和歌山で活躍してもらえるように教師側も工夫を凝らしていきたいと強く思った。」
 「和歌山県の現状や課題を改めて認識した。また他県の先進的な取組を知り、まず課題意識を持ち、情報を得て教育活動にどのように取り入れていくかという手法を学べた。これから実践で何ができるのかを考える機会になった。」

 商業科部会
 「久しぶりにビジネスについて楽しくワークができ、生徒達にもこの楽しさを伝え、ビジネスアイデアを考えさせながら、少しでもキャリアアップにつなげたい。」
 「結論に導くためのアプローチの方法(KJ法、オズボーンのチェックリスト等)をその場と状況に応じて、使い分けていく事の重要性について理解しました。ビジネスアイディア甲子園について研究し、チャレンジしたいと思います。」