ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. イベント・公開講座
  3. 大阪松竹座のバックヤード見学を開催しました

イベント・公開講座

大阪松竹座のバックヤード見学を開催しました

松竹株式会社との連携講座『歌舞伎セミナー』の一環として、2018年10月17日に大阪松竹座のバックヤード見学を開催しました。

大阪松竹座が開館してから二十余年の歴史の中で、バックヤード見学を開催されたのは、今回が初めてです。本当に楽しみにしていた方々が多かった様で、集合時間より早くに受講生の方が大阪松竹座前に来られていました。

今回のバックヤード見学は、『十月大歌舞伎』の本番前に実施いたしました。

初めにご案内いただいたのは、総合案内カウンターで、ここでは歌舞伎俳優の方がご贔屓筋へのチケットを渡される所で、今回は襲名披露のため、特別なカウンターがあることをご説明いただきました。

次に劇場の楽屋口から入ると、沢山の真っ白な胡蝶蘭が目に飛び込んできました。どの花も華やかで、また色鮮やかでした。

頭取(昔は番頭さんと呼ばれていたそうです)の方に着到板のお話をしている時に、歌舞伎俳優の方が赤いピンを実際に挿される所を見て、臨場感いっぱいで、皆さんの期待が高まっているご様子でした。

セリや花道など、普段は絶対に立てないところを歩かせていただいたり、セリに乗って上下していただいたり、回る舞台を体験し、受講生の方の声が一層湧いた瞬間でした。

昼の部の舞台の組み立てられていく様子を見せて頂きました。舞台の上では掃除機などは一切使用せず、箒で床を掃き、舞台に板を張られていました。その後手早く作業され、また同時に舞台の上手・下手・中央を別々に準備されて、開演間近の時間になると一斉に舞台が出来あがっていきます。

開場間際の客席では、ハンディワイパーで、座席の一つ一つを拭かれていました。大阪松竹座のスタッフの方全員の、この公演に来られるお客様への心配りを拝見出来たような気がします。

その場でしか伺えない貴重なお話をお聞かせいただき、また、受講生の方の笑顔や歓声を間近で拝聴でき、講座担当者として大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

以下、受講生の皆様の感想です。

「舞台の花道から、観客席に向けて写真を撮らせていただき、帰宅後家族と思い出話が一層盛り上がった」

「歌舞伎役者の方はかなり体幹を鍛えていらっしゃるのだと改めて思った」

「本番直前だったので、マイクテストから実際の舞台大道具の設置など裏方の仕事などの準備が見られるのも貴重だった」

「この春の講座で見せていただいたかつらや、秋の講座で実際に演奏をしていただいた下座音楽の太鼓が舞台わき等にご準備されてらっしゃったことに感動を覚えた」

「着到板の所に神棚があり、屋上には今年建て替えたばかりのお稲荷さんが備え付けられているのにも驚いた」

「屋上のお稲荷さんは大阪松竹座全体の安全を祈願し、(着到板の上の)神棚には毎回の舞台の成功を祈願されているとお話をお伺いした時に『古き良き日本の文化』を改めて感じた」

 

写真:大阪松竹座


 
       写真:大阪松竹座 舞台から客席へ

 

  • LINEで送る