ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大の学び
  3. 総合経営学部 商学科
  4. 学科の特徴

大商大の学び学科の特徴

商品やお金の流れ、そして「新商品はどうやって生まれるのか」といった商品開発の考え方から市場動向の分析方法まで、"商い"にかかわるすべての事柄が商学科の学びです。 私たちが普段利用しているコンビニや飲食店、ヒット商品など、身の回りには商学に関係のあるものがたくさんあります。

学びの特徴

1."商い"にかかわるあらゆることが商学科での学び。

1.

私たちがスーパーや小売店、インターネットを通じて購入しているモノやサービス。こうしたモノやサービスが生産され私たちの手元に届くまでの間には、どのような仕組みや制度があるのか? そしてどのように開発されているのか? 商学科ではその流れを様々な観点から追究していきます。

2. 商品の流通プロセスと新しい市場の創造について考察。

2. 商品の流通プロセスと新しい市場の創造について考察。

生産者から消費者にモノやサービスが届くまでの「流通」と、消費者が求めているものを予測して新しい市場を創造する「マーケティング」の2分野で学びを展開。さらに、管理会計、経営情報、法学など商取引にかかわる多様な知識を修得し、市場を分析・開拓する企画力と実践力を身につけます。

3. 変化の激しい時代に先駆けた新しい提案ができる力を育成。

3. 変化の激しい時代に先駆けた新しい提案ができる力を育成。

インターネットの普及で、誰もが手軽に海外の人と商品を売買できる時代。そんな経済社会のグローバル化に合わせて商学科では、環境変化に応じて流通の仕組みを変えていける力、また市場のニーズを捉え新商品や新サービスの開発などを企画・実践する力を養成します。

求める人物像

流通分野
  • 小売業など商業の歴史、現在の状況、将来の姿について学びたい。
  • 商品が生産されてから、卸売業や小売業を経て消費者が購入し、廃棄されるまでに関心がある。
  • 商品の輸入や輸出に関心がある。
  • 生産者から消費者に商品が届くまでに必要とされる情報や情報処理技術について学びたい。
  • 商品の仕入れや販売などビジネスに必要な法律について学びたい。
  • 商業について教える教員や、小売業など商業の経営についてアドバイスする仕事に就きたい。
マーケティング分野
  • ヒット商品が生まれるまでに、どのような工夫がなされたのかに興味がある。
  • 消費者の買物行動や消費者心理について学びたい。
  • 商品の製造原価、仕入れ価格や販売価格などに興味がある。
  • 新しい商品の開発や仕入れの仕事に就きたい。
  • 販売や営業など人と接する仕事に就きたい。
  • 小売業、外食産業、サービス業など自分の会社をつくって、経営者になりたい。

目指す方向

流通分野では卸売・小売、物流、金融、情報に精通し、グローバル化や情報化などの環境変化に対応して企業間の取引関係を見直し、また新たな取引関係を構築できる人物を育成します。マーケティング分野では、市場のニーズをとらえ、新規事業開発、新商品・新サービス開発などの企画および実践を担う人物を育成します。

学士の学位授与

卒業した者は、学士(商学)の学位を授与します。