ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大の学び
  3. 学部・学科の違い

大商大の学び学部・学科の違い

経済学科経営学科の違い

経済学科では、日本や世界といった、より大きな視点から見渡したお金の流れについての、理論的な分析方法や社会問題とのつながりを学びます。それに対して経営学科では、具体的な企業を例にして、その企業経営を研究します。会社を大きくする戦略や人を動かすマネジメントについて学びます。

経営学科商学科の違い

企業経営を分析対象とする経営学科に対して、モノやサービスなど、企業が扱う具体的な商品をクローズアップして研究するのが商学科の学びです。消費者の求めている商品やサービスを調査し、商品や販売活動の方法を決めるマーケティング、消費者の不満や疑問を解決する等の顧客サービスといった知識を身に付けることができます。

公共経営学科経営学科の違い

経営学科で研究対象となるのは主に民間企業ですが、公共経営学科では、国や自治体といった公的部門が対象となります。公的部門の運営に、利益を得る方法や効率的な組織運営といった、民間企業の手法をどう取り入れるかを学びます。

公共経営学科経済学科の違い

公共経営学科では、"ゆるキャラ"やスポーツを利用した地域の活性化など、具体的な事例から、効率的な公的部門の運営について考えます。経済学科では、自分の消費行動がどのように社会経済に影響を及ぼすか等を例に、数値で理論的にお金の流れを読み解く手法を学びます。