ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. 総合交流センタートップページ
  2. News&Topics
  3. 第9回 西日本インカレ(合同研究会)予選会に出場しました。

News&Topics

第9回 西日本インカレ(合同研究会)予選会に出場しました。

11月25日(日)、株式会社日経BPマーケティング主催「西日本インカレ2018」の予選会が大阪経済大学にて開催されました。

本大会は、西日本地区(中部・関西・中四国・九州)の経済・経営・商学を中心に学ぶ大学生が集い、主に日頃取り組んでいる専門ゼミナールでの研究テーマをプレゼンテーション形式で発表する合同研究会です。
9ブロック81チームが出場した11月25日(日)の予選会を通過したチームが、12月16日(日)の本選で研究発表を行います。

予選会においては、大学教員1名・ビジネスパーソン1名の2名の審査員により、参加チームが研究テーマをまとめた「企画シート」と発表当日に行われるプレゼンテーション(10分間)、審査員からの質問に対する回答(8分間)をもとに審査・採点が行われます。
本選は、各ブロックを勝ち抜いた1チームがプレゼンテーション(15分間)、質疑応答(10分間)を行い、発表終了後、各チームの発表を下記審査項目別に採点(予選会同様、企画シートを含む)し、上位3チームが決定されます。

今年は、OBPコースから、4チームが予選会に出場しました。
出場チーム、テーマは以下の通りです。

チーム名:ライダーズ
テーマ:クラウドファンディングを行った企業の事業承継は可能か

チーム名:黒一点
テーマ:街の本屋はどのように生き残るか?

チーム名:Infalt
テーマ:Assistants of Independent Rock ~空いたその日はライブへGO~

チーム名:NJT企画
テーマ:企業・学生間で満足のいくインターンシップに向けて

 

参加チームはそれぞれ、テーマを設定し、仮説を立て、情報収集や調査・研究を行い、調査結果や新たな提案を資料にまとめた上で、受け手に伝わるよう繰り返しプレゼンテーション練習を行い、あらゆる質問に対応できるよう準備を進めてきました。

「着眼点」、「論理的思考力」、「情報活用力」、「プレゼン力」、「質問対応力」をポイントに厳しい審査が行われ、残念ながら、本選に出場することはできませんでした。

寝る間も惜しんで一生懸命準備を進めてきた分、悔しい思いが残る結果となりましたが、この経験がまた一つ学生たちの成長につながったのではないかと感じています。
世の中のあらゆることに自らの興味を持つことの重要性を改めて感じる機会になったのではないでしょうか。
また、他大学の学生や審査員の方々に良い刺激をいただけたようです。

学生たちは今回の経験を糧に、また新たな課題に向かって歩み始めています。
OBPコース生の更なる活躍を楽しみにしています。