ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 研究科紹介
  3. 経営革新専攻
  4. 特色

経営革新専攻特色

経営革新専攻の特徴

起業家、ビジネスリーダーの育成を目標

地域経済の活性化に資する変革のリーダーを求める経済社会の要請に応えるべく、「新たなビジネスモデルの創造とその継続的革新」を担う人材を育成します。具体的には、企業経営に関する高度な専門的知識とグローバル・マインド、さらには崇高な倫理観を持った「起業家」や「ビジネスリーダー」の育成を目標とします。「起業家」を目指す者に対しては、トップマネジメントとしての資質と、新たなビジネスモデルを創造し、これを事業化していく能力、市場の反応や競争動向を踏まえて事業の見直し・再構築をなしうる能力を育成します。「ビジネスリーダー」を目指す者に対しては、組織の経営資源を有効に活用し、環境変化に対応してビジネスモデルを継続的に革新していく能力、さらには企業内において新たなビジネスモデルを創造し、事業分野の拡大や既存事業の抜本的変革を担う能力を育成します。

起業教育・起業家育成プログラムと連動した実践教育

本学における「起業教育・起業家育成プログラム」は、起業家精神の涵養と起業家的な資質・能力の育成を目標としています。それは、起業家の育成にとどまらず、常に新しいことにチャレンジする精神とビジネス社会における問題を発見・解決できる能力、いわば「経営革新」を担う人材の育成を目指すものです。経営革新専攻では、地域経済の活性化や企業の経営革新を担う実務家による講義、「ビジネス・アイディアコンテスト」、「インキュベーション施設」(創業準備オフィスの提供と本学教員等による経営コンサルティング)、「リエゾン・オフィス」(産学連携の窓口)、「起業家への出資制度」などを通して、理論と実践の相乗効果を目指しています。

比較地域研究を踏まえたグローバル企業の経営革新

国内市場が成熟化するなかで、日本企業においてはグローバル展開が不可避となり、海外事業をいかに成功させるかが戦略上の重要課題となっています。海外進出にあたっては、進出国の経済・文化に適応してビジネスモデルを修正していく「現地化」が求められます。経営革新専攻では、地域経済政策専攻に配置されている「比較地域研究科目」の学修(地域の経済的・文化的な差異に着目して地域の個性を発見)を踏まえて、グローバル企業の「現地化」について学びます。

地域経済研究、地域政策研究を踏まえた創造的中小企業の経営革新

地域経済の内発的な発展のためには、地域独自の歴史や文化に裏づけされたクリエイティビティを持つ「創造的中小企業」の集積、それら企業間のネットワーク、地域ブランドの確立による販路開拓など地域マネジメントが不可欠です。経営革新専攻では、地域経済政策専攻に配置されている「地域経済研究科目」および「地域政策研究科目」の学修(地域問題の理解・解決に向けた政策研究、地域内発的な経済発展のための「場」の生成・発展に向けたマネジメントおよび公共政策)を踏まえて、企業の経営革新を担う人づくりについて研究し、それを自ら実践していく能力を育成します。

学びのイメージ