ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 研究科紹介
  3. 地域経済政策専攻
  4. 博士後期課程

地域経済政策専攻博士後期課程

カリキュラムの特徴

多角的・総合的・学際的な視野からアプローチする「地域問題特論」

経済面のみならず、歴史的・社会・文化などの諸分野から多角的・総合的・学際的に地域問題をとらえ、実地調査、文献購読、資料分析、討論などの多様な方法を用いて研究します。

博士論文へアプローチする「特殊研究」

経済学・経営学の立場から地域問題を考察し、地域の豊かで個性的な発展にふさわしい産業活動のあり方を考える「地域経済特殊研究」、地域問題の解決と政策立案のために不可欠である地域発展のメカニズムの総合的理解を通じて、望ましい地域政策のあり方を明らかにする「地域政策特殊研究」、地域間比較の視点からその個性や差異の研究を通じて地域のあり方を考える「比較地域特殊研究」という3つの特殊研究から研究課題に取り組みます。

授業科目表

授業科目単位数備考
必修選択自由
◇地域問題特論Ⅰ   1   4単位以上
選択必修
◇地域問題特論Ⅱ   1  
◇地域問題特論Ⅲ   1  
◇地域問題特論Ⅳ   1  
◇地域問題特論Ⅴ   1  
◇地域問題特論Ⅵ   1  
◇地域問題特論Ⅶ   1  
◇地域問題特論Ⅷ   1  
◇地域問題特論Ⅸ   1  
◇地域問題特論Ⅹ   1  
◇地域問題特論Ⅺ   1  
◇地域問題特論Ⅻ   1  
地域経済特殊研究   4   4単位以上
選択必修
地域政策特殊研究   4  
比較地域特殊研究   4  

博士論文の提出要件

  1. 独創的で優れた内容をもち、また高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を有することが認められること。
  2. 学位論文の主たる内容を含む自著の学術論文が1編以上あること(当該学術論文は、学会誌などの学術雑誌等に掲載され、印刷物または電子媒体として公表されたものとする。掲載誌には大阪商業大学が発行する論集や紀要などを含む)。
    ※掲載予定として受理されたものを含む。
  3. 中間論文を提出し、博士の学位論文提出資格の認定を受けること。

博士論文提出までのプロセス例

博士論文テーマ例

地域経済政策専攻(博士後期課程):博士論文

院生インタビュー

実務を通して培った経験をもとに研究の視点から未来を探る。

東野 亨
地域経済政策専攻 博士後期課程
東野 亨 / Higashino Toru

博士後期課程に進学したきっかけ

大学・大学院を通して「生化学」を研究した後に、流通業界に就職して水産物の商品調達やサプライチェーンマネジメントの構築などに携わっていました。40年以上の実務経験で得た「食品流通の現状の課題」や「食品流通の将来の方向性」について学術的な視点で研究したいと考えた私は、研究を指導してくれる大学院を探していました。そんなときに、本大学院に流通政策や生鮮食品流通の分野では著名な教員が在籍されていることを知り、博士後期課程への進学を決めました。

博士後期課程での学び

私が研究しているテーマは「水産物物流の課題と方向性」についてです。この十数年間に築地市場の水産物取扱量は、大幅な減少傾向にあります。日本の生鮮食品の安定供給を支えてきた「卸売市場制度」が、危機的状況に直面していると言えるでしょう。将来、卸売市場はどのような役割へと転換していくのか。現在は、この状況に至った要因から考察するために、消費者の魚食離れとライフスタイルの変遷に着目して研究を進めています。指導教員からは、実務を通して得た経験とはまた異なる視点から、調査手法についてご指導をいただいています。講義室のホワイトボードが真っ黒になるまで議論を重ねる時間が、研究を進める貴重な指針になっています。