ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学院概要
  3. 研究生について

大学院概要研究生について

研究生とは

特定の事柄について研究する方を、期間を限って受け入れるための制度です。本大学院では、多くの場合、正課生(院生)の入学試験を受けるための準備期間として位置付けられています。

研究期間

原則として、研究期間は同一年度内で1年以内となります。そのため、前期入学の場合は、4月から翌年の3月までの1年間、後期入学の場合は、10月から翌年の3月までの半年間となります。また、特別の理由がある場合は、1年を限度として、研究期間を延長することができます。

研究等

指導教員の指導のもとに自己の研究を行います。また、指導教員が研究上、必要があると認めたときは、科目等履修生として大学院及び学部の授業科目を履修することができます(ただし、後期入学者は除きます)。

学費等

授 業 料:年間 250,000円(半期 125,000円)
教育充実費:年間  70,000円(半期  35,000円)

出願資格

大学を卒業した者及びこれと同等以上の学力があると認められた者となります。これは本大学院の博士前期課程及び修士課程の出願資格と同じです。詳細は、本大学院HPの入試情報コンテンツ内にある募集要項・出願書類の案内ページをご参照ください。

試験科目

出願書類の審査と面接試験により総合的に判定します。

試験日程

年に2回(前期入学と後期入学)試験が実施されます。

2017年後期入学(10月)

出願期間:平成29年8月23日(水)~平成29年9月1日(金)
試  験  日:平成29年9月16日(土)
合格発表:平成29年9月21日(木)
研究期間:平成29年10月~平成30年3月

2018年前期入学(4月)

出願期間:平成30年2月14日(水)~2月21日(水)
試  験  日:平成30年3月3日(土)
合格発表:平成30年3月10日(土)
研究期間:平成30年4月~平成31年3月

出願にあたっての注意

出願前に指導希望教員との事前面談を行い、出願の許可を受ける必要があります(出願期間の2週間前までに許可を得ることが望ましい)。そのため、本大学院の研究生を希望される方は、出願前に一度教務課までご連絡ください。

在院生インタビュー

2016年度研究生 経営革新専攻修士課程1年
Hoang Ngoc Anh Tu(ホアン ゴック アン トゥ)

Hoang Ngoc Anh Tu

研究生になったきっかけ

ベトナムの大学では会計を学んでいましたが、将来マネジメント職に携わりたいと考え、日本への留学を決めました。日本に来て1年目は語学学校に通い、2年目に本大学院の研究生になりました。大学院の留学生入学試験には、日本語小論文と面接があります。研究生として授業を受ける中で自分の研究テーマを明確にしながら、語学力を高めたいと思ったことが、研究生になったきっかけでした。翌年には大学院に進学しましたが、指導教員から教わったことが本当に役立ったと実感しています。

研究生から大学院へ進学して

研究生時代に国際ビジネス論の基礎を学びましたが、勉強すればするほど面白くなり、大学院ではグローバル人的資源管理について、さらに研究を深めています。私の母国のベトナムでは、日系企業の進出が盛んです。海外進出には、日本社員の国際化とともに現地の優秀な人材の活用が必要になってきます。私は将来ベトナムに戻り、マネジメント職として働くことが希望です。大学院で学んだことを活かして、日本と現地スタッフの架け橋になりたいと考えています。