ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. 共同参画研究所トップページ
  2. 研究所の紹介

研究所の紹介

研究所の紹介

「男女共同参画」から「社会的包摂」へ

共同参画は従来、「男女」共同参画を意味しており、雇用における性差に基づく男女雇用機会均等法(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)が昭和47(1972)年に勤労婦人福祉法として制定され、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等女子労働者の福祉の増進に関する法律」として昭和60(1985)年題名改正された。「共同参画」の意味を雇用及び職場における男女の社会的性差に基づく差別の解消として認識した内容となっている。

その後、「男女共同参画社会基本法」が平成11(1999)年に公布・施行され、雇用及び職場から社会のあらゆる分野に、共同参画に対する理解が拡大している。

しかし近年、職場のみならず地域、家庭における人間関係が希薄化し、地域社会それ自体がぜい弱化している現状では、社会的孤立とそれに起因する生活困窮が、新たな社会的リスクを生み出している。いまや、地域、職場、家庭での社会的リスクは、社会的排除として認識されつつある。この認識に基づき、男女のみならず高齢者、障害者、幼児など経済的・社会的弱者を含む「社会的包摂」の必要性が求められつつある。「社会的包摂」は、ときに排除の対象となる人々も社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野、即ち政治的、経済的、社会的及び文化的分野における活動に参画する機会が確保されていることを意味している。

これら諸課題を行政のみで解決を図ることは人的・財政的に困難であり、地域創造の担い手である中間組織(町会・自治会、NPO、企業、大学などの教育機関など)が関わることで新しい公共空間が形成され、その公共空間が機能することによって解決の方途が示されることが予見される。

「大阪商業大学共同参画研究所」は、地域創造の担い手である中間組織(町会・自治会、NPO、企業、大学などの教育機関など)に関わる人々が社会的包摂の重要性に関する認識を深めるため、社会的包摂に関する研究、具体的な課題解決に向けての取組、そして人材の育成などの取組を行う。

本研究所は具体的な取組のひとつとして、大阪女子短期大学が長年にわたり担ってきた「子育て支援」(地域子育て支援研究所)を継承し、それを発展させることで地域社会の創造に関わる貢献活動を行う。さらに、研究者の育成を図るとともに、その研究成果を教育に活かす教育方法の開発並びに地域貢献活動を推進していく。

研究・活動内容

プロジェクト共同研究

  1. 地域における子育て支援
    (藤井寺市との協定に基づく子育て支援事業の推進)
  2. 男女共同参画に関する研究
  3. 高齢者の健康寿命に関わる活動
  4. 障がい者と地域との関係構築

所在地

  1. ユニバーシティ・コモンズ・リアクト2階
    577-8505 大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10
  2. 大阪商業大学藤井寺学舎
    538-8558 大阪府藤井寺市春日丘3-8-1