ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. 商業史博物館トップページ
  2. 主催講座・イベント
  3. 企画展

主催講座・イベント企画展

平成28年の企画展

平成28年秋季企画「江戸廻米―庄屋勘左衛門、年貢米一万俵を納めに江戸へ参上!―」

 増税は現代の我々の生活にとって切実な問題であるが、米遣い経済の江戸時代に会っては、コメを中心とした田畑への課税が重く農民にのしかかっていた。それに加えて、村役人には年貢米を所定の米蔵へ納める責任があった。そして、江戸後期、河内国幕府領の年貢米の廻米先として割合が高かったのは、江戸浅草御蔵である。

 江戸時代を通じて幕府領であった河内国若江郡御厨村の庄屋加藤勘左衛門は、安政4年(1857)に年貢米を江戸へ廻米する際の郡中の代表者である納庄屋に選ばれ江戸へ赴いている。今回の企画展では幕府領年貢の江戸廻米に焦点を当て、封建社会を支えた租税としてのコメを通して当時の社会を考えてみたい。




企画展チラシ(PDF:981KB)

企画展イベント申込書(PDF:351KB)

 

 

 

 

展覧会

テーマ

「江戸廻米―庄屋勘左衛門、年貢米一万俵を納めに江戸へ参上!―」

期間

平成28年10月20日(木)~11月30日(水)

〈日曜日・祝日、11月3日(祝)、11月20日(日)は開館〉

会場 大阪商業大学商業史博物館 企画展示室
展示品の概要 年貢皆済目録・御廻米仕法書・御廻米着船要用留・名所絵図・地誌等文献資料・道中記・携帯用燭台・銭刀・廻船模型他約70点

連続講座(全3回)

テーマ

「江戸廻米と現代の米穀流通」

10月22日(土)14:00~15:30
「河内国幕府領の江戸廻米」
  • 講師:池田治司(本館学芸員)
10月29日(土)14:00~15:30
「江戸浅草と御蔵米」
  • 講師:滝口正哉(徳川林政史研究所研究員)
11月12日(土)14:00~15:30
「大阪府における水稲栽培の歴史と米の流通」
  • 講師:大西安文(大阪府農業協同組合中央会 大阪農業振興サポートセンター 特別アドバイザー)
定員

50名

受講料

2000円(全3回)

会場

4号館4階449教室(10/22、10/29)

大阪商業大学GATEWAY4楷 ネットワークレクチャールーム(11/12)

シンポジウム(文化庁支援事業)

テーマ
江戸時代のコメと納税―幕府領年貢の江戸廻米と納庄屋―
日時 11月19日(土)14:00~16:30
第1部 基調講演
江戸時代のコメと納税
  • 講師:藪田 貫(兵庫県立歴史博物館館長)
第2部 パネルディスカッション
  • 進   行:池田治司(本館学芸員)
  • パネリスト:藪田 貫(兵庫県立歴史博物館館長)
  • パネリスト:小倉 宗(関西大学准教授)
  • パネリスト:滝口正哉(徳川林政史研究所研究員)
  • パネリスト:中塚華奈(本学専任講師)

                                                                     (順不同)

定員

300名

参加費

無料

会場

大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天

★終了後は展示会場を自由にご覧いただけます。

秋季企画展とともに楽しむコンサート(東大阪市共催事業)

タイトル
「博物館×オンガク 歴史と音楽の化"楽"反応!?コンサート」
日時 11月20日(日)13:30~14:55
出演者
  • 大阪商業大学吹奏楽部
  • 新喜多中学校吹奏楽部
  • 小山亜希(ヴァイオリン)
  • 北口 功(クラシックギター)
定員

240名

参加費

無料

申込

不要(当日先着240名)

会場

大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天

見学会

テーマ
「旧御厨村内を探訪する」

展示会出品資料の旧蔵地である旧御厨村内の御厨天神社や西楽寺をはじめとする史跡を探訪する。

日時 11月26日(土)14:00~15:30
定員

30名 

参加費

無料

受講方法

申込制(申込締切11月16日)

*定員に達しましたので申込を締め切りました(10月7日)。

場所

旧御厨村地域(本館前集合)

学芸員による展示解説(小阪まちゼミの会連携事業)

会期中、解説講座を開催します。(学生及び一般の方対象)

日時 11月10日(木)・17日(木)14:00~14:30
定員

30名

参加費

無料

受講方法

申込制(10月25日から受付開始)

会場

商業史博物館企画展示室