ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. 商業史博物館トップページ
  2. 主催講座・イベント
  3. シンポジウム

主催講座・イベントシンポジウム

シンポジウム

シンポジウムの写真

大阪商業大学商業史博物館が行うシンポジウムです。

*最近のシンポジウムにつきましては、「企画展」「過去の企画展」をご覧ください。

大阪大学総合学術博物館・大阪商業大学商業史博物館共催
シンポジウム 大学博物館、街に出る
これでいいのか? 大阪のミュージアム―地域文化と学術研究の担い手を目指して―

文化芸術や学術研究を支えるミュージアムの評価がゆらいでいる大阪。
盛んな東京発の巡回展に比べ、地道な調査研究による大阪独自の博物館活動が過小評価されていないか。
美術をテーマに展覧会を企画した大学博物館をモデルケースに、大阪におけるミュージアムの存在意義と可能性を考えたい。

日 時

2013年11月9日(土)13:00~17:00(受付13:00)

場 所

大阪大学中之島センター10階

佐治敬三メモリアルホール(〒530‐0005 大阪市北区中之島4-3-53)

主 催 大阪大学総合学術博物館・大阪商業大学商業史博物館
後 援 大阪博物館等協議会、かんさい・大学ミュージアムネットワーク、北大阪ミュージアム・ネットワーク
協 力 大阪大学21世紀懐徳堂

プログラム

趣旨説明
  • 橋爪節也(大阪大学総合学術博物館 館長)
第1部:基調報告
歴史と記憶をつなぐ―「オオサカがとんがっていた時代」を通じて
  • 橋爪節也(大阪大学総合学術博物館 館長)
商業史としての美術―文人画に宿る可能性―
  • 明尾圭造(大阪商業大学商業史博物館 主席学芸員)
地域に根付いた新しい美術のありかた
  • 菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究副主幹)
京都・大学ミュージアム連携から見た大阪の現状
  • 並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 館長)
第2部:ディスカッション
これでいいのか? 大阪のミュージアム―それぞれの立場から―
パネリスト
  • 橋爪節也(大阪大学総合学術博物館 館長)
  • 明尾圭造(大阪商業大学商業史博物館 主席学芸員)
  • 菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究副主幹)
  • 並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館 館長)
  • 高島幸次(大阪大学招へい教授・大阪天満宮文化研究所員)
司会
  • 中谷伸生(関西大学 教授)
総括
  • 伊木 稔(大阪商業大学商業史博物館 館長)

平成21年度大阪商業大学商業史博物館シンポジウム(本学開学60周年記念)

テーマ

激動期を生き抜く地域の中小企業 ―河内木綿から人工衛星まで―

【後援:東大阪商工会議所】

趣旨・目的 今世界不況の中にあって、中小企業が支える地域経済をどう守り発展させるかが問われている。東大阪は機械金属工業を中心とした中小企業の町として全国に知られ、時代を通じて度々大きな産業構造の転換を経験し、絶えず先端的な技術革新を遂げてきた。今回のシンポジウムでは地域の中小企業の大きな役割を認識し、歴史的蓄積をふまえて現在の激動期を乗り越える展望を探る。
日程・時間等 平成21年7月18日(土) 13:00~16:00 参加費無料 申込不要
会場 大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天
講師
【基調講演】
  • 湖中 齊(大阪商業大学名誉教授)
【パネリスト・コーディネータ】
  • 地引 啓(株式会社ロブテックス名誉顧問)
  • 山本為信(山本光学株式会社代表取締役社長)
  • 酒井 一(三重大学名誉教授)
  • 前田啓一(大阪商業大学教授)
  • 伊木 稔(大阪商業大学教授・当館館長)

平成20年度大阪商業大学商業史博物館シンポジウム

テーマ 【時代の中の「山椒大夫」 ―語りの芸能と文学―】
趣旨・目的 前回紹介した宗教を源とする芸能である説経浄瑠璃の題材のひとつ「山椒大夫」をテーマにして、同じ説話を背景に近代にはいって作られた森鴎外の文学作品「山椒大夫」との対比の中で、同じ題材にあらわれた時代背景による表現の違いを探り、それを糸口に歴史性を考える。特に今回は、東京都無形文化財に指定されている三代目若松若大夫氏を招いて伝統芸能としての説経浄瑠璃「山椒大夫」を実演した。
日程・時間 平成20年7月12日(土) 13:00~17:00
会場 大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天
講師
【解説】
  • 関山和夫(佛教大学名誉教授)
  • 酒井 一(三重大学名誉教授)
【実演・パネリスト】
  • 三代目若松若大夫(東京都無形文化財指定・東京都板橋区無形文化財指定)
  • 岩尾壽美江(朗読“なずな”主宰)

平成19年度大阪商業大学商業史博物館シンポジウム

テーマ 【巡る祈りの文化 ―世界遺産にみる信仰・巡礼・芸能―】
趣旨・目的 今回は「紀伊山地の霊場と参詣道」に限定せず、宗教を源とする巡礼の精神性やそこから生まれた芸能やそれを培った歴史的環境を理解することによって、世界文化遺産の本質的な部分を考える機会とする。
日程・時間 平成19年10月13日(土) 13:00~17:00
会場 大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天
講師
【基調講演・コーディネータ】
  • 酒井 一(三重大学名誉教授)
【パネリスト】
  • 福家俊彦(天台寺門宗教学部長・総本山三井寺執事)
  • 北川 央(大阪城天守閣研究副主幹)
  • 前 圭一(大阪経済法科大学教授)

平成18年度大阪商業大学商業史博物館シンポジウム

テーマ 【紀伊山地の自然への祈り ―世界遺産登録2周年を迎えて―】
趣旨・目的 平成16年7月1日、中国の蘇州で開かれた第28回世界遺産委員会で世界文化遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」は、吉野・大峰、熊野三山、高野山の3つの霊場とそれを結ぶ参詣道が登録の対象になっている。前年度に引き続き世界遺産登録2周年を迎えて、パネリスト・参加者とともにその意義を問い直す。
日程・時間 平成18年7月15日(土) 13:00~17:00
会場 大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天
講師
【基調講演・コーディネータ】
  • 酒井 一(三重大学名誉教授)
【パネリスト】
  • 楠本弘児(写真家)
  • 山本殖生(新宮市教育委員会学芸員)
  • 小田誠太郎(和歌山県教育庁文化遺産課世界遺産班 班長)

平成17年度大阪商業大学商業史博物館シンポジウム

テーマ 【紀伊山地の祈りと生活 ―世界遺産登録1周年を迎えて―】
趣旨・目的 平成16年7月1日、中国の蘇州で開かれた第28回世界遺産委員会で世界文化遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」は、吉野・大峰、熊野三山、高野山の3つの霊場とそれを結ぶ参詣道が登録の対象になっている。世界遺産登録1周年を迎えて、パネリスト・参加者とともにその意義を問い直す。
日程・時間 平成17年9月3日(土) 13:30~17:00
会場 大阪商業大学ユニバーシティホール蒼天
講師
【基調講演・コーディネータ】
  • 酒井 一(三重大学名誉教授)
【パネリスト】
  • 成田孝三(本学教授・大学院研究科長)
  • 山本殖生(新宮市教育委員会学芸員)
  • 小田誠太郎(和歌山県教育庁文化遺産課世界遺産班 班長)