ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. 商業史博物館トップページ
  2. News&Topics
  3. 企画展「石に刻まれた文化財―山頭火・若江城・アンコール・ワット」の一環で、拓本の体験授業を行いました。

News&Topics

企画展「石に刻まれた文化財―山頭火・若江城・アンコール・ワット」の一環で、拓本の体験授業を行いました。

現在、商業史博物館で開催中の企画展「石に刻まれた文化財―山頭火・若江城・アンコール・ワット」の一環で、本学のゼミを対象に拓本の体験授業を行いました。

拓本は石碑や銅板など凹凸のある材料に和紙をあてて、刻んである文字や模様を墨で写し取る技術です。

これは、今回の出品者であり、昭和61年から30年余りにわたり、本学谷岡記念館の河内の郷土文化サークルセンター室を拠点に活動を続けている中河内拓本クラブのメンバーが講師となって、学生との対話を通して作品を仕上げてゆく、ワークショップ形式の授業です。

講師の熱心な指導に背中を押されて、真剣に拓本作りに取り組む学生たちの姿が印象的でした。

企画展は623日(土)まで開催(日曜休館、開館時間10001630)。入場無料。