2018年4月 公共学部 開設!入学定員250名

みんなでつくる、私たちの『まち』

みんなでつくる、
私たちの『まち』

誰かの幸せのために。
誰かの支えとなれる自分でありたい。
その気持ちを実現する、
日本初の学部です。

グローバル化や少子・高齢化がすすむとともに、人々の考え方・価値観が多様化しています。
地域で生きる私たちは、考え方や価値観の違いを認め合い協力して、
地域に生じる問題を解決する必要があります。

今後は企業・NPO・大学などが、国や地方自治体と連携して、
地域を活性化する取組みが重要となります。
そこで公共学部では、地域の形成や活性化にチャレンジする人々を育成します。

その人々は「地域マネジメントリーダー」「ソーシャルビジネスリーダー」と呼ばれ、
地域の課題解決に「経営する力」を発揮します。

公共学部公共学科には、
以下の3つのコースを設けます。

  • スポーツと社会参加

    私の「好き」なことはコレ!

    • スポーツが好き
    • マインド(頭脳)スポーツが好き
    • スポーツを頑張る人を支える仕事に興味がある
  • 地域と社会参加

    私の「好き」なことはコレ!

    • ひとが好き
    • 自分のまちが好き
    • 歴史や文化が好き
    • イベントや観光などでまちを活性化する仕事に興味がある
  • 公共とビジネス

    私の「好き」なことはコレ!

    • ビジネスの力を社会貢献に活かす仕事に興味がある
    • 社会に役立つアイディアを考えることが好き

スポーツと社会参加コース

主な授業科目

スポーツには「する」だけでなく「見る」「支える」という関わり方があります。これまでの経験を活かしつつ、スポーツをきっかけとする地域の活性化やまちづくりについて学びます。

アドミッションポリシー

  • スポーツに関わる仕事につきたい。
  • 公務員などの仕事につきたい。
  • 企業などの仕事を通して地域社会に貢献したい。
  • NPOやボランティアなどによる社会貢献活動や地域の活性化に関心がある。

さらに詳しい内容を知りたい方はこちら

地域と社会参加コース

主な授業科目

地域の歴史や文化を活かして、また他地域と連携することによって、地域の課題を解決し、地域を活性化することが求められています。明日の地域づくりに向けて、各地の事例や実体験に基づく学修を踏まえて、私たちが果たす役割について学びます。

アドミッションポリシー

  • 公務員などの仕事につきたい。
  • 企業などの仕事を通して地域社会に貢献したい。
  • 地域の観光に関わる仕事につきたい。
  • NPOやボランティアなどによる社会貢献活動や地域の活性化に関心がある。

さらに詳しい内容を知りたい方はこちら

公共とビジネスコース

主な授業科目

ビジネスの手法を用いて、社会的課題を解決する工夫が行われています。社会に貢献することで企業価値を高める、あるいは地域の課題解決をビジネスとして行うソーシャルビジネスなど、新しいビジネスの手法を学びます。

アドミッションポリシー

  • 企業などの仕事を通して地域社会に貢献したい。
  • NPOやボランティアなどによる社会貢献活動や地域の活性化に関心がある。
  • 公務員などの仕事につきたい。
  • 環境や福祉・文化に関心をもち、その事業化や運営に携わりたい。

さらに詳しい内容を知りたい方はこちら

公共学部公共学科の目指す進路

地域社会や地域間交流に貢献できる人材へ。

  • 多様な人々の価値観を、地域で生じる問題解決に活用する!
  • 企業のビジネスの手法を活かして地域の問題解決を実行する!
スポーツ関連
スポーツ関連企業、 国・地方自治体のスポーツ振興分野、 レクリエーション・インストラクター など
環境・福祉関連
環境・福祉関連企業、 国・地方自治体の環境・福祉関連部門、 環境アセスメント調査員 など
公務員・NPO関連
国家・地方公務員、 NPO・NGO職員、 警察官、消防官 など
その他
地域金融機関、 協同組合、 観光局スタッフ など

「国」が「自治体(都道府県庁、市・区役所)」が
「企業」が、そして「あなた」が、
まち』を、日本を支えています。
あなたはどんな未来をつくっていきますか。

  • スポーツ用品メーカー
    発展途上国におけるスポーツ振興支援の実施。
  • スポーツクラブ
    高齢者などを対象に運動機能向上プログラムや栄養指導などの実施。
  • マインドスポーツ団体
    学校教育への囲碁・将棋普及活動の実施。
  • スポーツ協会
    スポーツ活動による子どもたちの心身の育成や、グラウンド清掃などの環境整備活動、高齢者とのスポーツ交流を実施。
  • 自動車メーカー
    環境に配慮した、電気自動車や太陽光パネル搭載車の製造。
  • 食品メーカー
    使用済み切手を回収し、地域福祉や海外援助の一助となる活動を実施。
  • 鉄道会社
    市と連携を図り、これからの時代にあった郊外住宅地に再生させていく活動を実施。
  • 市・区役所
    学校の運動場や、幼稚園の園庭などを芝生化にする支援を実施。
  • NPO法人
    子どもの通学見守り隊、ゴミ拾いなどの清掃活動、お祭りなどの実施。
  • 警察署
    企業と連携し防犯イベント・キャンペーンの実施。
  • 町内会・自治会
    災害発生時に備え、初期消火・避難誘導・応急手当などを行う自主防災組織の発足。

交通アクセス

神戸・奈良・京都からも
1 時間以内で通学可能!

※記載されている時間は各駅からのおよその所要時間です。乗り換えなどの時間は含みません。

※記載されている時間は各駅からのおよその所要時間です。乗り換えなどの時間は含みません。

路線図を見る

最寄駅からの経路と時間を調べる

から
大阪商業大学
までを

お問い合わせ

広報入試課

〒577-8505 大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10

TEL:06-6787-2424
FAX:06-6781-8438

メールでのお問い合わせはこちら

  • line
  • twitter
  • instaglum
  • facebook
  • Youtube

ページトップへ