ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 第3回日中起業教育国際シンポジウム報告レポートをアップしました!

お知らせ

第3回日中起業教育国際シンポジウム報告レポートをアップしました!

 

9月17日(水)、本学の協定締結校である北京の中央財経大学にて、第3回日中起業教育国際シンポジウムが開催されました。
中央財経大学は本学との協定を結んだ際、本学のOBP(大阪商業大学ビジネス・パイオニア)コースをはじめとする起業教育に高い関心を示し、2005年にはOBPコースの中央財経大学版であるCBPコースを設置。2006年度より、毎年、日本と中国で交互にシンポジウムを開催しています。今年度は、教員6名、職員2名、学生6名が中央財経大学を訪れました。

シンポジウムでは、まず両大学の教員による基調講演が行われ、その後、両大学の各6名の学生による研究報告が行われました。 OBP生の中原大輔さん(経済学科2年)は、「日本コカ・コーラにおける事業構造の再編」について、実際に同社の飲料水を試飲させるユニークな発表を行ない好評でした。
また、CBP生の李瑞陽さん(国際貿易学科3年)は、「Start-Up Café in CUFE」と題し、学内に本人が店舗デザインし、オープンしたカフェについて、経営戦略も含めた発表を行い、こちらも盛り上がりました。 この他の発表に対しても、日中両国からたくさんの質問が飛び交い、大変白熱したシンポジウムになりました。
また、発表は日本語・中国語・英語で行われ、語学力やコミュニケーション能力を試す場にもなりました。

シンポジウムだけでなく、中央財経大学MBAコースとの懇談会や、オリンピックスタジアム視察、松下電器産業訪問を行い、中国現地ならではの学びを体験することができました。

シンポジウムの様子

中央財経大学MBAコース
との懇談会

松下電器産業訪問

オリンピックスタジアム視察

実施プログラム

1.開会挨拶 中央財経大学副学長 李 俊生
大阪商業大学副学長 片山 隆男
2.基調講演 「起業教育と実践」
大阪商業大学総合経営学部准教授(起業教育委員長) 酒井 理
「中央財経大学におけるKAB活動」
中央財経大学商学院講師 陳 高生
3.学生研究報告 1)第一セッション
・大阪商業大学経済学科2年(OBPコース) 中原 大輔
「日本コカ・コーラにおける事業構造の再編」
~事業ポートフォリオの変革と非炭酸飲料のマーケティング~
・中央財経大学経済学部経済学科3年(CBPコース) 李 娜
「中国伝統食と現代的文化要素の結合とイノベーション」
~九門小吃の事例研究~

2)第二セッション
・中央財経大学情報学部電子商取引学科3年(CBPコース) 路 彗媛  
「オリンピックボランティアの視角からみた国際交流と起業精神」
・大阪商業大学商学科2年(OBPコース) 小泉 太郎
「日産自動車におけるゴーン社長の経営革新」
~企業風土の変革に向けた施策とリーダーシップ~

3)第三セッション
・巽 久祥(大阪商業大学経済学科3年, OBPコース)
「日本企業における雇用構造の改革」
~非正規社員やアウトソーシング活用の功罪~
・宋 萌(中央財経大学金融学部国際貿易学科3年,CBPコース)
「地下鉄開通に伴うビジネスチャンス」

4)第四セッション
・李 瑞陽(中央財経大学金融学部国際貿易学科3年,CBPコース)
「Start-Up Cafe in CUFE」
・田口 俊史浩(大阪商業大学経済学科4年,OBPコース)
「A Report on “the Hyotanyama Area” Revitalization Project」

5)第五セッション
・枝澤 由利(大阪商業大学公共経営学科3年,OBPコース)
「事業企画プレゼンテーション:携帯でなりたい自分になるメイク」
・李 銘(中央財経大学経済学部経済学科4年,CBPコース)
「都会緑化用樹木のマーケティングについて」

6)第六セッション
・陳 峰(中央財経大学商学部経営学科4年,CBPコース)
「バーチャルカルチャー分野におけるビジネスモデル」
~起点中文網の事例~
・内藤 久稔(大阪商業大学商学科4年)
「事業企画プレゼンテーション:新しいファッション通販」
~サイズ適合と仮想試着~
4.総括討議  
5.閉会挨拶  

 

 

 

  • LINEで送る