ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 「第5回日中起業教育国際シンポジウム」を開催しました。

お知らせ

「第5回日中起業教育国際シンポジウム」を開催しました。

去る9月10日に本学の協定締結校である中国(北京)の中央財経大学にて「第5回日中起業教育国際シンポジウム」を開催しました。

まず本学経済学部長前田啓一先生、中央財経大学経営学科長林嵩先生による基調講演が行われ、続いて日中両学生6名による研究発表が行われました。

今回より優秀研究報告者の表彰も行われ、本学からは「中小企業向けWeb活用consultantへの挑戦~Web活用の実態と改善策~」の発表を行った経営学科2年の藤原裕也さん、中央財経大学からは「キャンパス内の分譲ショップ:起業教育に適した実践の場」を発表した経営学科4年の魏恩さんが受賞となりました。

シンポジウム終了後、本学片山副学長は「中国は著しい高度成長の時代であり、日本は高度成長を終え少子高齢化を迎えた厳しい時代である。今回のシンポジウムの両大学の発表はその状況を映し出した内容であった。中央財経大学の学生の発表は中国が置かれている経済現状を踏まえて、これから中国企業がどのように立ち向かっていけばいいのか新しいビジネスプランをもって示した発表であった。また、本学学生の発表では日本の厳しい経済環境の中で、世界に知られた企業がどのようなマネジメントを行い、どのような努力を積み重ねて生き延び成長しようとしているかを捉え、これからの企業に必要とされるものを示した発表であった。両大学このシンポジウムを機会により学習を深め、成長することを願っています」と述べました。

中央財経大学の史副学長は「今回の大阪商業大学の発表は教訓になった。日本が経験してきた事を示してくれたことは、まだまだマーケットの余地があるこれからの中国とって大変参考になる。学生諸君は社会に出た時、このシンポジウムで経験したこと・学んだことを生かしてほしい。そして将来両大学から世界をリードする起業家が生まれて欲しい」と述べました。

学生同士も互いの研究発表に刺激を受けたようで、シンポジウム終了後も発表内容に対しての議論が行われていました。

両国の経済状況を改めて知り、そしてその状況にどう立ち向かっていくか互いのマネジメントプランを考察し合うことができ、大変有意義なシンポジウムとなりました。
 

発表の様子 集合写真 優秀研究報告者受賞の様子

  

第5回日中起業教育国際シンポジウム

主催 大阪商業大学、中央財経大学
日時 2010年9月10日(金)8:30~17:50
場所 中央財経大学(中国・北京市)

 

実施プログラム (発言は原則逐次通訳)

  【総合司会】
中央財経大学商学院副院長 葛 建新
開会挨拶
(8:30~8:50)
中央財経大学副学長 史 建平
大阪商業大学副学長 片山 隆男 
第1部
基調講演
(8:50~9:50)
大阪商業大学経済学部長・教授 前田 啓一
「大阪経済の発展と中小企業の活力」
中央財経大学商学院経営学科長・准教授 林 嵩
「中小企業の成長モデル:ベンチャーネットワークと起業戦略の総合作用」

=休憩(9:50~10:00)=
第2部
学生研究報告
(10:00~16:30)
「学生研究報告」(各セッションでは、日中1人ずつ報告)

第一セッション
(10:00~10:50, 正味各10分報告、質疑応答10分)
・大阪商業大学経済学科2年(OBPコース)平田 拓嗣
「中小産業財企業の経営革新~PRIMIXの経営品質向上活動~」
・中央財経大学CBPコース3年 周 洪敏
「沙河キャンパスで文房具用品店のビジネス性」
【質疑応答司会】
・大阪商業大学総合経営学部教授(経営学科主任・OBPコース運営委員長) 古沢 昌之

第二セッション
(10:50~11:40, 正味各10分報告、質疑応答10分)
・中央財経大学CBPコース3年 鄧 中豪
「Bright Shadowのマーケット・リサーチ」
・大阪商業大学経済学科4年(OBPコース) 串田 達哉
「餃子の王将の『低価格・高品質』に向けた経営革新~『分化』と『統合』の両立による競争優位の構築~」
【質疑応答司会】
・中央財経大学商学院准教授(経営学科長) 林 嵩 

=昼食休憩(11:40~13:00)

第三セッション
(13:00~13:50, 正味各10分報告、質疑応答10分)
 大阪商業大学経営学科3年(OBPコース) 菊池 宏弥 
 「任天堂勝利の方程式~Blue Ocean戦略によるイノベーションのジレンマからの脱却~」
・中央財経大学CBPコース4年 仝 燕?
「企業経営における金融資本の活用」
【質疑応答司会】
・大阪商業大学総合経営学部准教授(起業教育委員長)
 酒井 理

第四セッション
(13:50~14:40, 正味各10分報告、質疑応答10分)
・中央財経大学CBPコース4年 楊 恩 「健康酸素バーのビジネスプラン」
・大阪商業大学経営学科3年(OBPコース) 西川 龍之介  「“Diversity Management”による経営革新~“DUSKIN”における女性の活用・活性化への取り組み~」
【質疑応答司会】
・中央財経大学商学院講師 宋 ?

=休憩(14:40~14:50)=

第五セッション
(14:50~15:40, 正味各10分報告、質疑応答10分)
・大阪商業大学経済学科3年(OBPコース) 間中 貴史
「東大阪市『布施100円商店街』活動報告~中小商店による共同販売促進活動の成果と課題~」
・中央財経大学商学部経営学科4年(CBPコース) 魏 恩
「キャンパス内の分譲ショップ:起業教育に適した実践の場」 【質疑応答司会】
・大阪商業大学総合経営学部長・教授 南方 建明 

第六セッション
(15:40~16:30, 正味各10分報告、質疑応答10分)
・中央財経大CBPコース4年 曹 馨予 「中国における小口ローンに関する一考察 ~宜信社の事例分析~」
・大阪商業大学経営学科2年 藤原 裕也
「中小企業向けWeb活用consultantへの挑戦~Web活用の実態と改善策~」
【質疑応答司会】
・中央財経大学商学院准教授 李 永壮

第3部
総括討議
(16:30~17:10)
中央財経大学商学院准教授 葛 建新
第4部
優秀研究報告者表彰・
閉会式
(17:30~17:50)
1.優秀研究報告者表彰
(17:30~17:40)
2.閉会挨拶
(17:40~17:50)
 
大阪商業大学副学長 片山 隆男
中央財経大学副学長 史 建平

 

日中起業教育国際シンポジウムに関するお問い合わせ
リエゾンセンター
TEL:06-6785-6262
FAX:06-6785-6156
E-mail:liaison@oucow.daishodai.ac.jp

 

  • LINEで送る