ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. OBPコースの2チームが「日経ビジネス・西日本インカレ」の予選を突破、本選出場へ!

お知らせ

OBPコースの2チームが「日経ビジネス・西日本インカレ」の予選を突破、本選出場へ!

  去る11月20日(日)に大阪経済大学にて「日経ビジネス・西日本インカレ2011」(日経BPマーケティング主催)の予選プレゼン大会が開催され、OBPコースから参加した2チームが見事予選を突破しました。
  この大会は週刊経済誌『日経ビジネス』を教材として活用している大学の学生が、ゼミでの研究成果を発表する場です。
  今回のプレゼン大会は西日本の13大学(22ゼミ)から40チームが参加して行われ、うち9チームが来る12月18日(日)に開催される本選への出場権を得ました。
  予選突破を果たした本学OBPコースの2チームは、4年(古沢ゼミ)の「カミッグ研究チーム」と2年(崔ゼミ)の「MBO研究チーム」です。カミッグ研究チーム(森下公介・南條大城・日野奈々絵)は「サービスプロフィットチェーンの実践~業界初のコンプレックスディーラー・カミッグの可能性~」と題して京都に本社を置く自動車ディーラーである株式会社カミッグの経営革新施策について事例発表を行いました。一方、MBO研究チーム(吉原征志・福原友美・田附幸憲・岡本梨沙)は「MBOの可能性~MBOに切り替えた企業の変化~」というテーマで新たな経営施策として注目されているMBO(マネジメントバイアウト:経営陣による自社の買収)の効用に関して研究報告をしました。
  いずれのチームも激戦を勝ち抜いての予選突破であり、本選での活躍が期待されます。

 

 

 

カミッグ研究チームのプレゼンテーションMBO研究チームのプレゼンテーション

     ▲カミッグ研究チームのプレゼンテーション ▲MBO研究チームのプレゼンテーション

  • LINEで送る