OPEN CAMPUS 2018 - 大阪商業大学

大阪商業大学

模擬授業

OPEN CAMPUS TOP

  1. OPEN CAMPUS 2018トップページ
  2. 模擬授業

模擬授業

大学の講義をほんの少し体験してみませんか? 講義の雰囲気を味わえるだけでなく、新たな好奇心も生まれるはず。

  • 7/15(Sun)の模擬授業テーマ

    経済学科私たちの暮らしを支える国際貿易
    いま着ている服は日本製ですか?それとも外国製ですか?生産国がどこかは衣服のタグをみればわかります。貿易と聞いて自分には関係ないと思うかもしれませんが、私たちの生活は外国との貿易と深く結びついています。世界とのつながりをデータから観察するとともに、FTAなどの貿易自由化について一緒に考えてみましょう。
    准教授 柴田 孝
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    経営学科プロ野球から見えるスポーツ・マネジメント
    「経営」をカタカナ一言で表現すると、「マネジメント」になります。経営学科では、世のなかに存在するさまざまな組織を研究対象にし、そのマネジメントについて学習します。今回の模擬授業では、ビジネスの観点からスポーツ、とりわけプロ野球をテーマに取り上げ、皆さんと共に議論していきたいと思います。
    准教授 崔 圭皓
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    商学科普段利用しているスーパーやコンビニの秘密とは?
    普段,利用しているスーパーやコンビニには、たくさんの「からくり」が隠されています。模擬授業では、それらの「からくり」のうち、現地調査や資料を根拠にご紹介します。例えば、スーパーの冷凍食品はどうして半額で売ることができるの?なぜ、コンビニ限定商品が発売されているの?さらには、PB商品を最近よく見かけるけど、品質は大丈夫なの?などなど、普段の買い物の何気ない疑問にお答えいたします。
    准教授 金 度渕
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
    公共学科スポーツで地域を元気に
    地域活性化には、産業、教育・福祉、観光、自然環境や文化活動の発展・振興など様々な視点があります。加えて近年、「スポーツ」と「観光」のそれぞれの魅力を融合させた「スポーツツーリズム」が注目されています。授業では実際に推進計画策定に関わった事例紹介と、「スポーツビジネス経営論」のつまみ喰いをしてみます。
    教授 宇部 一
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
  • 7/22(Sun)の模擬授業テーマ

    経済学科どうする?空き家問題~今後の建物の活用~
    なぜ空き家が増えているのでしょうか。空き家が増えると私たちの社会にどのような問題が生じるのでしょうか。そして、問題を解消していくためには、私たちはどのような活動をしていけばよいのでしょうか。経済学の考え方を用いてやさしく解説します。
    教授 西嶋 淳
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    経営学科はじめての会計学
    模擬授業では、まず、経営学科での学びを紹介します。次に、身近なイベントを例にとりながら、そのイベントがうまく運営されているのかについて、売上と費用の視点からわかりやすく説明します。実際に、イベントの収入と支出を計算し、もうけ(利益)の求め方を理解し、日常生活においても会計の考え方を役立ててみましょう。
    教授 和田 伸介
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    商学科大阪になぜ南海百貨店がないのか?
    大阪には阪急電鉄の阪急百貨店、阪神電鉄の阪神百貨店、近鉄の近鉄百貨店、京阪の京阪百貨店があります。しかし、南海電鉄だけは南海百貨店がありません。難波ターミナルビルには高島屋が入居して、南海高島屋と呼ばれています。なぜなんでしょう?謎解きをしながら「鉄道と商業」の関係を学びます。
    准教授 谷内 正往
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
    公共学科運動やスポーツをすることは本当に良いこと?
    日本人の平均寿命は男性が80.98年、女性が87.14年と男女とも過去最高を更新しました。平均寿命が個体の命の長さを表すのに対して、健康寿命は、ヒトが心身ともに豊かで健康で自立して活動し生活できる期間といえます。模擬授業では、日常的な運動やスポーツと健康寿命の延長との関係について考えてみたいと思います。
    准教授 久保山 直己
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
  • 8/5(Sun)の模擬授業テーマ

    経済学科食料経済学の第一歩
    私たちが生きていくために必要不可欠な食べ物。その食べ物は誰がどこでどのように生産し、流通にのせて、消費者の口にまで届けられているのでしょうか。また食べ物を取り巻く経済活動は、他にどのような影響を及ぼすでしょうか。食料生産から消費に至るまでの流れを概観し、持続可能な社会にむけての課題について考えます。
    専任講師 中塚 華奈
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    経営学科リーダーシップって何だろう?
    経営学とは、企業の様々な取り組みを「理論」や「概念」といった学術的なレンズを通して、分析していく学問です。この講義では、皆さんが普段よく見聞きする「リーダーシップ」という言葉に注目し、それがどのように経営学で議論されてきたのかについて説明します。身近な事柄を、経営学を通して学ぶ面白さを体験して頂ければと思います。
    専任講師 貴島 耕平
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    商学科新製品開発―ヒット商品がどのように生み出されたのか―
    商学科では主に「流通・商業」と「マーケティング」の2大分野について学習します。新製品開発に興味を持っている学生が多いと思いますが、実は、新製品開発は「マーケティング」の分野に含まれています。文系出身の人が新製品開発にどこまで携わることができるのか、ヒット商品がどのように生み出されたのかなどについて事例を通して考えてみましょう。
    教授 孫 飛舟
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
    公共学科社会的課題への取り組み方~NPO、ボランティア、寄付の役割~
    社会には、さまざまな課題が存在します。災害、貧困、環境、教育、地域の安全など、問題は尽きません。では、これらの問題に、誰が、どのようにして、取り組んでいるのでしょうか?そして、それは遠い他国の話でしょうか?決してそうではありません。この授業では、私たちの身近にある社会的課題と解決に向けた取り組み方について、NPO、ボランティア、寄付といった事例を交えながら、皆さんと一緒に考えていきます。
    専任講師 中嶋 貴子
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
  • 8/11(Sat)の模擬授業テーマ

    経済学科現金?それとも現物?ー医療、介護、子育て支援における給付のあり方ー
    皆さんは、お年玉をもらう時、現金(例えば1万円札)でもらう方が嬉しいですか?それとも、現物(例えば1万円相当の文房具)でもらう方が嬉しいですか?医療や介護、子育てといった社会保障の分野では、その給付を「現金」で行うのか、「現物」で行うのか、がとても重要となります。経済学の理論を使って、やさしく解説します。
    教授 山内 康弘
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    経営学科人工知能と次世代コンビニの経営
    最近、スーパーなどの小売店では、セルフレジや自動レジを見かけるようになりました。人工知能・ロボット技術の中では、比較的スムーズに実社会に普及していますが、今後のビジネス・業務はどのように変わろうとしているのでしょうか。経営学の視点から解説いたします。
    准教授 法雲 俊栄
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    商学科文房具のヒット商品に学ぶ新商品開発
    商学科の学びの柱である「マーケティング」において重要なことは、 消費者が欲しいと思う商品を絶えず開発していくことです。この授業では、 皆さんに身近な文房具を例にとって、ヒット商品がどのように生まれたのかについて説明します。そして、新しい商品のアイディアをたくさん考え出すためのヒントを学びます。
    教授 南方 建明
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
    公共学科スマホゲームにはまるしくみ
    みなさんの周りに、いつもスマホのゲームをやってしまう人はいませんか?スマホのゲームに多額の課金をしてしまった人の話をきいたこともあるでしょう。なぜゲームがやめられなくなるのか。どうしてゲームの課金に応じてしまうのか。そこには、制作会社の作ったさまざまな「仕掛け」があります。どのような仕掛けが、なぜうまく働くのかを経営学の視点から考えてみます。
    教授 松村 政樹
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
  • 8/19(Sun)の模擬授業テーマ

    経済学科なぜ日本は豊かになれたの?~インフラとイノベーション~
    世界でも有数の豊かな国・日本。日本は、なぜ豊かになれたのでしょうか?また、今後も豊かで有り続けることができるのでしょうか?この授業では、日本の成長の基となったインフラ(社会資本)や関西の企業が起こしたイノベーション(革新)をとりあげ、なぜ日本が豊かになれたのかを、経済学科の「学び」をもとに考えます。
    専任講師 金坂 成通
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    経営学科ICTを活用した企業の資金調達
    ICTの進展によって、皆さんの生活と同様に企業経営においても変化がもたらされています。これまで中小企業の資金調達は金融機関に依存していましたが、ICTを活用することで金融機関以外からの新たなルートが拡大しています。ICTの進展と中小企業を取り巻く資金調達環境がどのように関係し発展しているかをお話します。
    准教授 林 幸治
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    商学科コンビニに学ぶ小売店の秘密ーコンビニの過去・現在・未来ー
    商学科の学びの柱の1つは、コンビニ、スーパー、百貨店、ドラッグストア、ホームセンター、専門店など「小売業」について学ぶことです。この授業では、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど皆さんに身近なコンビニの歴史、コンビニの現在、これからのコンビニの姿について学びます。
    教授 南方 建明
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
    公共学科楽しい「まちづくり」
    みんなと協力しながら、郷土の魅力を再発見して、「まちづくり」に積極的に取り組む人びと。役所とも力を合わせて、民間の立場から地域のために力を尽くす人びと。この模擬授業では、「まちづくり」に深くかかわってきた人びとの姿を紹介し、創意工夫をこらしつつ、プラス思考で取り組む姿から学んでいきたい。
    教授 長妻 三佐雄
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
  • 8/26(Sun)の模擬授業テーマ

    経済学科景気と株価ー基本的な株価理論を知ろうー
    株価は景気の先行指数だということ、知ってましたか?実は株価(日経平均やTOPIX)は景気より6~9ヵ月先に動くとされています。では何故なのでしょうか?この授業では、基本的な株価理論をご紹介しつつ、景気と株価の関係を一緒に考えていきたいと思っています。
    教授 伊東 眞一
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    経営学科経営を科学する~excelで問題解決!~
    経営学科で学ぶことができる「経営科学」の授業を覗いてみましょう。夕方、お腹がすいてきたあなたは、普段利用している4つのお店のうち「今日はどのお店に寄り道しようか?」と迷っています。経営上の意思決定問題をこんな身近な例におきかえて、科学的に解決する方法を紹介します。計算にはexcelを使いましょう。
    教授 樽磨 和幸
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:11:40~12:15、13:10~13:45(1日2回開催)
    商学科物流から見たアパレル企業の特徴と課題
    ユニクロ(UNIQLO)は、カジュアル製品を大量生産することで低価格を実現し、日本を代表するアパレル企業に成長しました。その一方で、ZARAなどに代表されるファスト・ファッション企業は、ファッションで重要な「旬」を提供するため、比較的高価な製品を生産・販売しています。授業では、物流の目から見たユニクロやZARAの特徴を紹介し、また抱える課題についても触れたいと思います。
    教授 松尾 俊彦
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム1) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)
    公共学科なぜ、人口は減るの?
    私たちの暮らす日本では、少子化が問題となっています。政府も少子化に歯止めをかけようとして、さまざまな取組を進めていますが、人口は現状維持どころか減少を続けています。なぜ、人口は増えないのでしょうか?今回は、人口減少の原因と少子化対策について考えます。
    教授 的場 啓一
    • 場所:リアクト(3F/セミナールーム2) 
    • 時間:12:25~13:00、13:55~14:30(1日2回開催)

PAGE TOP