ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 情報公表
  4. メディア掲載
  5. 大学広報(2011年度)

大学について大学広報(2011年度)

本学の多岐にわたる教育・研究・地域貢献活動の情報は、新聞、テレビなど様々なメディアに取り上げられています。これらの情報を、みなさまにいち早くお届けできるように発信していきます。

凡例

 メディア掲載   プレスリリース

 

毎日新聞 <2012年3月11日日曜日付>

「日曜くらぶ」ページにおいて、アミューズメント産業研究所が掲載されました。

毎日新聞「日曜くらぶ」ページにおいて、アミューズメント産業研究所にて展示されている『大局将棋』が紹介され、谷岡一郎学長と古作登研究員のコメントが掲載されています。

ページの先頭へ

週刊碁 <2012年3月12日月曜日付>

本学にて、森ビル杯第五十期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)第一局が開催されました。

3月1日(木)、森ビル杯第五十期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)第一局が、本学にて開催されました。3月12日号の週刊碁では、勝負内容と共に、本学での囲碁研究への取り組みとアミューズメント産業研究所について紹介されています。

ページの先頭へ

ニッケイ新聞 <2012年2月9日木曜日付>

総合経営学部 経営学科主任 古沢昌之教授がニッケイ新聞に掲載されました。

日本企業の日系ブラジル人の活用について研究を行っている古沢教授が、現地の新聞に掲載されました。
(ニッケイ新聞は、日本語で発行されるブラジルの新聞です。)

ページの先頭へ

京都新聞 <2012年2月10日金曜日付>

「私論公論」のコーナーに、経済学部経済学科 原田禎夫准教授が掲載されました。

経済学部経済学科 原田禎夫准教授が寄稿されたコラム「漂着ごみ対策 社会的な仕組み確立を」の記事が朝刊に掲載されました。

ページの先頭へ

週刊碁 Go weekly <2012年2月13日月曜日号>

国内唯一の新聞「週刊碁」に本学の学生が掲載されました。

総合経営学部 経営学科1年生の橋本 朱莉さん(囲碁・将棋部所属)の記事が「週刊碁」に掲載されました。広島県尾道市で開催された第一回女流秀策杯の地元推薦枠の一人として橋本さんが選ばれました。
関連記事[PDF:48KB]
※この記事は、公益財団法人日本棋院の許諾を得て転載しています。

ページの先頭へ

東奥日報 <2012年1月30日月曜日付>

アミューズメント産業研究所 高橋浩徳研究員のコメントが東奥日報に掲載されました。

青森県の地方新聞、東奥日報内「津軽総合」ページにおいて、アミューズメント産業研究所・高橋浩徳研究員のコメントが掲載されています。

ページの先頭へ

読売新聞 <2011年12月28日水曜日付>

経済学部経済学科 石上敏教授の記事が読売新聞に掲載されました。

さぬき市の平賀源内記念館に所蔵されている江戸時代の医学書「解体新書」が初版本であったことを受けて、石上敏教授がコメントしています。

ページの先頭へ

NHKラジオ第1放送「関西ラジオワイド」 <2011年12月8日木曜日放送>

アミューズメント産業研究所 古作登研究員がラジオに出演します。

囲碁や将棋などの伝統的なゲームを、遊びをはじめ様々な場面で生かしていこうという研究を続けている人を紹介するコーナーに、アミューズメント産業研究所の古作登研究員が出演します。

〈出演時間:17時15分頃~〉

ページの先頭へ

朝日新聞(夕刊) <2011年11月25日金曜日号>

商業史博物館についての記事が掲載されました。

本学商業史博物館に所蔵されています江戸末期の町人の選挙について記した古文書と投票用紙の札について朝日新聞に紹介されました。
12月3日(土)に開催する商業史博物館シンポジウム「河内の近世をつむぐ―武士・町人・百姓が果たした役割―」[PDF: 1.67MB]で現物を展示する予定です。

ページの先頭へ

読売新聞  <2011年11月27日日曜日付>

本学についての記事が掲載されています。

特集ページ「大学」に、本学についての記事が掲載されています。

3つのコーナーから成るこの特集ページでは、【楽しい学問】のコーナーにアミューズメント産業研究所(アミューズメント産業研究所副所長松村准教授)、【マイレクチャー】のコーナーに総合経営学部公共経営学科永井准教授、【うちの自慢】 のコーナーに総合経営学部公共経営学科横見ゼミの取り組みが紹介されています。

ページの先頭へ

山陽新聞  <2011年11月13日日曜日付>

アミューズメント産業研究所開講の「囲碁講座レベルアップコース」が取り上げられています。

岡山都市圏版ページにて、最年少インストラクターである岡山市の中学に通う中学2年生の記事が掲載されています。その中で、アミューズメント産業研究所開講の「囲碁講座レベルアップコース」が取り上げられています。

ページの先頭へ

日本経済新聞(夕刊) <2011年11月5日土曜日付>

アミューズメント産業研究所についての記事が掲載されました。

『らいふプラス』というコーナーにて、アミューズメント産業研究所についての記事が掲載されています。

ページの先頭へ

産経新聞 <2011年11月8日火曜日付>

経済学科 水谷フィールドワークゼミ生が参加する、開催イベントについての記事が掲載されました。

11月20日(日)に開催される「貝塚市と水間鉄道沿線を電車とウォーキングでめぐる『水鉄レール&スタンプラリー2011 』」に経済学部経済学科 水谷淳准教授のフィールドワークゼミ生が参加します。ぜひご参加ください。
★水谷ゼミが 実施するイベント「キッズトレインMIZUMA」について

ページの先頭へ

日本経済新聞 <2011年10月8日土曜日付>

総合経営学部公共経営学科 松村政樹准教授(アミューズメント産業研究所副所長)の記事が掲載されました。

総合経営学部公共経営学科 松村政樹准教授が 「NIKKEIプラス1 PLUS1子どもニュース エコノ探偵団」の誌面において、"「携帯でゲーム」が広がるのはなぜ?"にコメントしています。

ページの先頭へ

KBS京都「やのぱんの生活情報部」 <2011年10月5日水曜日放送>

総合経営学部経営学科4年 大沢絵梨香さんが、「やのぱんの生活情報部」に出演します。
<番組放送時間 19:00~19:55>

『囲碁ガールのススメ』というコーナーに囲碁・将棋部在籍の大沢絵梨香さんが出演します。

ページの先頭へ

週刊エコノミスト <2011年10月11日号>

週刊エコノミストに、総合経営学部商学科 中津孝司教授の記事が掲載されました。

プーチン首相の来春のロシア大統領選出馬表明を受け、ロシアの資源外交の変化について総合経営学部商学科 中津孝司教授がコメントしています。

ページの先頭へ

読売新聞 <2011年9月26日月曜日付>

総合経営学部商学科 中津孝司教授の記事が読売新聞に掲載されました。

総合経営学部商学科 中津孝司教授が、ロシアの政治・経済の動向についてコメントしています。

ページの先頭へ

神戸新聞 <2011年8月26日金曜日付>

神戸新聞に本学学生の活動が紹介されました。

総合経営学部公共経営学科 ?永 佳甫フィールドワークゼミ生が洋菓子店「パティスリー ベルン 甲東園店」でインターンシップを行いました。洋菓子店が企画されたプロジェクトに、本学学生も協力しました。

ページの先頭へ

読売新聞 <2011年8月20日土曜日付>

総合経営学部商学科 中津孝司教授の記事が読売新聞に掲載されました。

総合経営学部商学科 中津孝司教授が、ロシアと日本の経済交流進展についてコメントしています。

ページの先頭へ

PRESIDENT <2011年8月1日月曜日号>

プレジデントに谷岡一郎学長が掲載されます。

プレジデント社発行のPRESIDENT 8/1号に谷岡一郎学長のコラム(なぜ「ランキング番組」は信用してはいけないか)が掲載されています。

ページの先頭へ

競艇マクール7月号 <2011年6月11日土曜日号>

競艇マクール7月号に谷岡一郎学長が掲載されました。

競艇を専門に扱う雑誌 競艇マクールで、谷岡一郎学長の公営ギャンブルに関する見解が掲載されています。

ページの先頭へ

MAG! vol.30 <2011年春号>

フリーマガジン[マグ!]に谷岡一郎学長が掲載されました。

フリーマガジン・MAG!で、谷岡一郎学長がギャンブル必勝法に関する見解について語っています。

ページの先頭へ

京都新聞(朝刊) <2011年6月22日水曜日付>

アミューズメント産業研究所 古作登研究員のコメントが京都新聞に掲載されました。

京都新聞(朝刊)オピニオン・解説紙面で、アミューズメント産業研究所・古作登研究員の囲碁将棋団体の公益法人化に関する見解が掲載されています。

ページの先頭へ

神戸新聞(夕刊) <2011年6月21日火曜日付>

経済学部経済学科 齊藤豊治教授のコメントが神戸新聞に掲載されました。

本年8月5日~9日にかけて行われる国際犯罪学会第16回世界大会で実行委員会副委員長を務められる経済学部経済学科 齊藤豊治教授が、日本の被災地はなぜ治安が良いのかコメントしています。

ページの先頭へ

京都新聞(朝刊) <2011年6月22日水曜日付>

アミューズメント産業研究所 古作登研究員のコメントが京都新聞に掲載されました。

京都新聞(朝刊)オピニオン・解説紙面で、アミューズメント産業研究所・古作登研究員の囲碁将棋団体の公益法人化に関する見解が掲載されています。

ページの先頭へ

NHK総合放送「歴史秘話ヒストリア」 <2011年6月22日水曜日放送>

経済学部経済学科 石上敏教授が出演します。

「歴史秘話ヒストリア」は、NHK総合テレビジョンで2009年から放送されている歴史情報番組です。
「痛快!江戸のお騒がせ男~天才・平賀源内の先走り人生~」がテーマの第79回(平成23年6月22日(水)22:00~22:43放送予定)に、経済 学部経済学科 石上敏教授が出演予定です。
関連掲載URL

ページの先頭へ

小学館 サピオ <2011年6月15日号>

総合経営学部商学科 中津孝司教授の記事が、小学館サピオに掲載されました。

小学館発行の国際情報誌サピオ(2011年6月15日号)において、資源外交に関するコメントを述べられています。

ページの先頭へ

京都新聞 <2011年5月28日土曜日付>

経済学科 原田准教授のゼミ生が企画したツアーが、「国の日帰旅行賞」を受賞しました。受賞についての記事が京都新聞に掲載されました。

国土交通省が昨年から始めた「水のめぐみとふれあう水の里の旅コンテスト2011」に、原田禎夫准教授のゼミ生が応募しました。61件の応募の中から、原田禎夫准教授のゼミ生の企画したツアー「冬の温もり、保津川下り」が、見事『日帰旅行賞 』を受賞しました。
水のめぐみとふれあう水の里の旅コンテスト・・・地域の活性化につながる旅行企画を募集し、有 識者による各賞の選定・表彰を行うコンテスト。
関連記事[PDF:100.0KB]
※この記事・写真等は、京都新聞社の許諾を得て転載しています。

ページの先頭へ

朝日新聞(夕刊) <2011年5月20日金曜日付>

アミューズメント産業研究所 古作登研究員のコメントが朝日新聞に掲載されました。

朝日新聞(夕刊)内の「将棋の駒」というコーナーで、アミューズメント産業研究所・古作登研究員の将棋の起源に関する見解が掲載されています。又、古作登研究員は5月28、29日に開催される第34回朝日アマチュア将棋名人戦全国大会(朝日 新聞社主催、日本将棋連盟後援、日本アマチュア将棋連盟協力)に出場されます。

ページの先頭へ

ニッケイ新聞 <2011年5月3日火曜日付>

総合経営学部経営学科主任 古沢昌之教授が、ニッケイ新聞に紹介されました。

総合経営学部経営学科主任古沢昌之教授は、日本企業の国際人的管理における日系ブラジル人の活用について研究をしています。この研究調査のため、去る3月ブラジルを訪問しました。その際に受けたインタビューの記事が掲載されました。
ニッケイ新聞:ブラジルのサンパウロ市で発行されている、移住者や日系人・駐在員向けの日本語新聞。
関連記事[PDF:84.0KB]
関連掲載URL
※この記事・写真等は、許諾を得て転載しています。

ページの先頭へ

朝日放送「LIFE~夢のカタチ~」 <2011年4月30日土曜日放送>

経済学部経済学科 水谷淳准教授とフィールドワークゼミ生がドキュメンタリー番組に紹介されました。

「LIFE~夢のカタチ~」は、夢を追い、情熱を傾ける人たちを密着する人間ドキュメント番組です。
4月30日の放送回では、水間鉄道の社長(鉄道会社唯一の女性社長)を特集されています。
水間鉄道活性化の研究に取り組む経済学部 経済学科 水谷淳准教授ゼミの学生は、4月10日(日)に行われたイベント「春の桜まつり」に参加しました。そこで学生は 、沿線マップチラシやお菓子を配り、イベントを盛り上げる手助けをしました。その時の様子が番組内で取り上げられました 。

ページの先頭へ

毎日新聞 <2011年4月27日水曜日付>

経済学部経済学科 水谷淳准教授が、企画特集「Visit研究室」に紹介されました。

経済学部経済学科水谷淳准教授ゼミの取り組みが、「Visit研究室」(毎日新聞21面)に掲載されました。「フィールドワークによる地方鉄道活性化の研究」がテーマで、大阪府貝塚市にある水間鉄道の活性化について学生が実際に取り組んできた 活動内容が掲載されています。
関連記事[PDF:128KB]

※この記事・写真等は、毎日新聞社の許諾を得て転載しています。

ページの先頭へ