ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 概要
  4. 教員紹介
  5. 教員紹介

大学について教員紹介

経済学科 教授 片野 真佐子 Katano Masako

近代日本思想史・女性史

片野 真佐子

生年 1949年
学歴

早稲田大学文学部 1971年卒業
お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程 1978年修了
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程 1986年単位取得退学

学位 博士(人文科学)・文学修士
主な職歴 同志社大学嘱託講師、甲南大学非常勤講師、お茶の水女子大学非常勤講師 他
主な担当科目 結婚と家族、日本史
専門分野 近代日本思想史・女性史
研究課題 日本の近代化とキリスト教、近代皇后像の形成
研究実績

著書

  • 『孤憤のひと 柏木義円-天皇制とキリスト教-』新教出版社
  • 『日本女性史論集』(共)吉川弘文館
  • 『女の社会史17世紀~20世紀-「家」とジェンダーを考える-』(共)山川出版社
  • 『天皇と王権を考える7 ジェンダーと差別』(共)岩波書店
  • 『皇后の近代』講談社 他

論文

  • 「天皇制国家形成下のキリスト者の一断面-巖本善治の人間観をめぐって」『日本史研究』230
  • 「柏木義円の時代批判」『福音と世界』平成2年10月号~平成3年1月号
  • 「日本近代化と皇后研究の現在―昭憲皇太后は着せ替え人形か― 若桑みどり『皇后の肖像』を批判する」『論座』平成14年3月
  • 「近代日本における皇后の政治的機能-護憲論の一つの陥穽-」『大阪商業大学論集』平成18年2月 他

その他

  • 『柏木義円日記』(共)行路社
  • 『柏木義円日記補遺』行路社
  • 『柏木義円書筒集』行路社、『柏木義円史料集』行路社、
学会 歴史学研究会、歴史科学協議会、政治思想学会、キリスト教史学会、総合女性史学会、ジェンダー史学会、女性史総合研究会
受賞
社会活動 東大阪市倫理委員会委員
趣味 散策、映画鑑賞