ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 就業力教育
  3. 大学時代
  4. 大商大ビジネス・アイディアコンテスト
  5. 第7回 2009年度の結果

就業力教育第7回 2009年度の結果

ファイナリスト7名と谷岡学長

ファイナリスト7名と谷岡学長

応募総数695件の頂点に輝いたのは・・・

学園祭の初日である10/30(金)に大商大ビジネス・アイディアコンテスト2009ファイナルプレゼンテーションが行われ、経済学科2年 間中貴史さんの「不合格グッズシリーズ~本気の人以外はゼッタイに使用しないで下さい!~」が栄えある学長賞を受賞しました。

〔主催〕
大阪商業大学
〔後援〕
東大阪商工会議所
特定非営利活動法人東大阪地域活性化支援機構

ページの先頭へ

受賞作品

学長賞
経済学科2年 間中貴史
「不合格グッズシリーズ~本気の人以外はゼッタイに使用しないで下さい!~」

アイディアの概要

常々思っていた、受験シーズンに流行る多数の「合格グッズ」。いずれも神頼みなど他力本願的なもので、本当に効果のある物かどうか疑わしい。そこで「合格グッズ」に異を唱える形で生み出したのが「不合格グッズ」だった。本当に合格するための物で、中途半端な気持ちで買うのは難しいだろう。

アイディアコンテストに出場して

このアイディアの種を見つけた時、私は「必ずファイナルで優勝できる」と思いました。それくらい衝撃的だったのです。そこから様々な準備を行い、1次・2次を通過するにつれ「いよいよ来たな」と。後は優勝するだけだと思うと不思議と緊張はありませんでした。その代わり用意するものは膨大で、しかも準備期間は短くて、これは無理かもしれないと思う事もありました。けれどその期間の中で、本当に色んな人たちに助けてもらいました。結局、私が今回得たものは「学長賞」という賞以上に、大切な仲間だったという事を実感しています。

ページの先頭へ

副学長賞
経済学科1年 平田拓嗣「~きちんと捨てて学校を美しく~『ポイントBOX』」

アイディアの概要

私のアイディアは、きちんとゴミを捨てて学校の美化に貢献し、自分も得するというサービスです。具体的にはゴミ箱にポイントカードを読み取らせる機能を付けて、捨てる時にポイントカードを使ってポイントを貯めます。このポイントを使用すればジュースなどの飲料が割引購入できたり、無料で購入できるといった内容です。

アイディアコンテストに出場して

始まりは、ゼミの課題でしたが、自分がまさか入賞するとは全く考えてもみませんでした。ファイナリストに残ってからは、アイディアの改良とプレゼンテーションの練習が大変でした。先生の研究室に何度も足を運んで相談し、ゼミの仲間にプレゼンテーションの練習を見てもらってアドバイスを受けたり、色んな人たちからの支えがあったからこその入賞なので改めて先生や仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。ファイナルに残れば誰でも本気になれるのがこのコンテストの魅力。自分を成長させるきっかけとして、大変良い経験をさせていただきました。

ページの先頭へ

東大阪商工会議所 会頭賞
商学科4年 出海朱絵「CSR(小さなキャップで!スマイル増やしてリサイクル!!)
~エコキャップアーティストが地球を笑顔にする~」

アイディアの概要

今回の私のアイディアは、既にあるエコ活動「エコキャップ収集」をもっと楽しくPRするアイディアで、ペットボトルキャップ使ったアート作品コンテストを開くため、製作キットを販売し、ペットボトルの関連企業のCSRを実現させ、地球に笑顔を増やす!!というものです。

アイディアコンテストに出場して

「世代交代したくない!!」というのが願いでした。今年度の7名のファイナリストの中で唯一2008年ファイナリストだったからです。昨年は、"挑戦"だったけど、今年は"ファイナリストで居続ける"だったのでプレッシャーや2008年ファイナリストからの思いが重く感じることもありました。しかし、蒼店ホールでのプレゼンは何回行っても本当に楽しいものです。大学祭といることもあって、たくさんの友達が応援にきてくれて嬉しかったです。何より、発表順の1番を与えてくれた運命に感謝です。精一杯楽しめることができました。また来年もここに残れるよう頑張ります。

ページの先頭へ

特定非営利活動法人東大阪地域活性化支援機構 理事長賞
商学科2年 清家槙「プリントらくらく めくれーる」

アイディアの概要

「プリントらくらく めくれーる」は、大量のプリント類の扱いがより簡単になる道具です。プリント類を扱う時に誰でも簡単に使用でき、既製品と比べてプリントを傷つけることなく、プリントを持った時や置いた状態でも『めくる・まとめる・配る』ができます。

アイディアコンテストに出場して

今年で2回目のアイディアコンテストでしたが、ファイナルに残っただけでなく入賞したことは自分でも信じられないくらい驚きました。今回私のアイディアは日々の学校生活の中で"不便に感じていること"をどのようにすれば解消できるのか、という考えから生まれました。それをビジネスアイディアコンテストで発表することで多くの方から賛同を得られたことがとてもとても嬉しく思います。来年もまた自分の新たなアイディアを磨きファイナリスト目指してアイディアコンテストに挑戦したいと思います。

ページの先頭へ

審査員特別賞(3名・発表順)
経済学科3年 串田達哉「~アンテナショップで地方活性化~『田舎屋』」

アイディアの概要

全国の県人会とのタイアップを通じて、都会にいながら田舎の空間を味わえる飲食店を全国に展開していくというビジネス。県人会から店内装飾のアイディアや郷土料理・方言の指導を提供していただき、各店舗に反映させることで、田舎を感じたい人に楽しんでもらえるというコンセプト。全47タイプの店舗を各々の都道府県に展開可能なことから、大きな市場性が見込め、地方活性化にも貢献することができる。

アイディアコンテストに出場して

全695件の中から7名のファイナリストに残れた事は、大きな自信になった。今回を通じて特に学んだことは、周りの人との関わりである。2次審査も含めて私は色々な先生や友達にアドバイスや意見をいただいた。そして、他のファイナリストと出会い、色々なことを話して、考えたり感じたりした。多くの人に出会えたことは本当によかった。コンテストが終わった後で「やっぱこのアイディアが一番すきやで」と言われた時、私は涙が止まらなかった。この言葉に後押しされ、これからも前向きに頑張っていきたいと思う。

ページの先頭へ

審査員特別賞(3名・発表順)
経営学科3年 岡本良介「2段階飲料水」

アイディアの概要

私のアイディアは、1つの容器で2つまたは3つの味が楽しめる。"一石二鳥!三鳥!!"となる商品です。1つの容器の中に2つのカプセルが入っており、1つのカプセルにリキュール、もう1つにスピリッツを入れた場合、自分の好みのカクテルが作れるということ。20歳未満の方にはソフトドリンクで、20歳以上の人にはお酒で幅広く使ってもらえる商品となっています。

アイディアコンテストに出場して

このビジネス・アイディアコンテストを通して、初めは何で自分が1次審査に通過したんだろう??と思い、その時点で辞退しようと思いました。でも、友達に相談すると「自分ならトコトンやる!!」と言ったので、それなら私もできるところまで頑張ろうと2次審査に挑戦しました。その結果、ファイナリストにも残り、プレゼン能力もアップし、他のファイナリストたちとも仲良くなれ、心から頑張ってよかったと思いました。この経験を忘れず、就職活動にも役立てればと思います。ありがとうございました。

ページの先頭へ

審査員特別賞(3名・発表順)
経営学科3年 山本竜太「二度寝防止クン」

アイディアの概要

私の考えたアイディアは「二度寝防止クン」という目覚まし時計です。それは起きてからボタンを両手で30回から50回押すまで音が鳴り止まないという仕組みです。両手でグーパーグーパーとボタンを押すことで血のめぐりを良くし、脳を活性化させて目が覚めます。

アイディアコンテストに出場して

まさか自分がビジネス・アイディアコンテストのファイナリストに残るとは思いもしませんでした。また、人前でプレゼンをした事もなく最初は不安に思いましたが、先生、先輩のアドバイスもあり上達できたと思っています。他のファイナリストともたいへん仲良くなれて、色々な話を聞くことができ、とても良い経験になりました。アドバイスをいただいた先生、先輩、友達に本当に感謝しています。ありがとうございました。

ページの先頭へ

ファイナルプレゼンテーションと表彰式の様子

学長賞受賞者 副学長受賞者 会頭賞受賞者

理事長賞受賞者 特別賞受賞者 特別賞受賞者

特別賞受賞者 副学長と受賞者 学長と受賞者

副賞 沖縄ビジネス研修旅行

第7ビジネス・アイディアコンテスト2009の上位入賞者への副賞として、沖縄ビジネス研修旅行を実施しました。

【海外ビジネス研修旅行】
期間 2009年12/26(土)~29日(火)の4日間
目的地間 沖縄
1日目 大阪・伊丹空港発、空路沖縄へ
那覇市内南部戦跡を訪ねる。(ひめゆり資料館―沖縄県平和祈念資料館)
2日目 米軍嘉手納基地が見える展望台「道の駅嘉手納」―万座毛―沖縄記念公園 美ら海水族館
3日目 企業視察(株式会社ぬちまーす、沖縄観光コンベンションビューロー)
4日目間 首里城―牧志公設市場見学
沖縄・那覇空港発、空路大阪へ

ページの先頭へ

企業視察

世界遺産のハロン湾にて 世界遺産のハロン湾にて 世界遺産のハロン湾にて

沖縄南部戦跡と首里城

企業視察 企業視察 企業視察

企業視察

今回のビジネス研修旅行は、新型インフルエンザの影響で予定していた海外視察を断念し国内視察となりました。沖縄では、ギネスブックにも登録された話題の塩「ぬちまーす」の工場や観光の拠点・(財)沖縄コンベンションビューローを訪問し、産業と観光分野の視察を行いました。また、日本で唯一の地上戦となった太平洋戦争の激戦地跡を訪れ、資料や展示を通じて戦争の残酷さと不条理さの一端を知ることになりました。
参加した学生の皆さんは、沖縄の悲惨な戦争の歴史と戦後の奇跡的な復興を遂げながらも米軍基地問題等難問を抱える現在を目の当たりにし、観光都市としてだけでない新たな認識を持ち、多くを学ぶ機会となりました。

~大商大生の皆さんへ~

2010年度の第8回大商大ビジネス・アイディアコンテスト上位入賞者にも、もちろん副賞として研修旅行が贈られます!ぜひ、「第8回大商大ビジネスアイディア・コンテスト」に応募して、研修旅行のチャンスを手に入れてください!

  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

就業力教育