ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 就業力教育
  3. 大学時代
  4. 大商大ビジネス・アイディアコンテスト
  5. 第10回 2012年度の結果

就業力教育第10回 2012年度の結果

2012年 第10回ファイナルプレゼンテーション結果報告


学長賞を受賞された田中伸我さんと片山副学長


ファイナリスト7名と片山副学長

 2012年は、応募総数429件から、1次・2次審査を突破した7名のファイナリストが、10月26日(金)、ユニバーシティホール蒼天にて、公開プレゼンテーションを行い、学長賞はじめ5つの賞が決定しました。 各賞の受賞者には、賞状と賞金が授与され、上位入賞者4名には、副賞として、マレーシアへの海外ビジネス研修旅行が贈られました。
 また、企業賞に選ばれた4名の表彰式も行われました。詳細は下記の通りです。
 



受賞作品

学長賞
経営学科2年 田中伸我さん 「着火線香」

アイディアの概要

着火線香とは、現在ある線香をより強固にするため、圧縮加工・調合段階で固くする薬品を使うことで固くした線香に、マッチの火薬の含まれた赤い部分を線香の片側先端に付け火がつけやすく、危険も少ない、さらに使用しやすくした新しい線香です。

アイディアコンテストに出場して

今回一次審査を通った時「このチャンスは逃すまい」と意気込んでいたものの、実際二次審査後自分のアイディアの小ささに自信を無くしていました。そのため通過の知らせを受けたときは、信じられない思いでした。それからファイナルまでの準備期間は大変でした。アンケート調査や統計、プレゼンの練習は、いくらやっても自信が持てず、投げ出したくなったこともありました。しかし学内外のたくさんの人のサポートや応援のおかげで全力で取り組む覚悟が出来ました。その結果優勝し、彼らの期待に応える事ができ、自他ともに満足です。

ページの先頭へ

副学長賞
経営学科3年 岸畑雅美さん 「ポップコーンブーケ ~大切な人の大切な記念日に~」

アイディアの概要

このアイディアは、株式会社Dreamsが経営するポップコーンパパのポップコーンと造花を束ねて作ったブーケです。プレゼントの定番である花束にポップコーンの入った花を入れることで、さらにあっと驚くサプライズプレゼントとなります。また、さまざまな人にプレゼントをしていくことで、ポップコーンパパの知名度向上にもつながります。

アイディアコンテストに出場して

私は前年度学長賞として恥のないプレゼンをしなければと重圧感を感じていました。しかし、このアイディアは幸せな場所で使用される楽しいアイディアなので、自分も楽しく、聴衆の皆さんも楽しいプレゼンにしようと考えました。結果はあと一歩届かず副学長賞でしたが、昨年よりも自分の発表に対して満足していますし、株式会社Dreamsの宮平社長をはじめ、たくさんの方にアドバイスを頂いてできたプレゼンなので感謝と楽しさで一杯のプレゼンになりました。

ページの先頭へ

東大阪商工会議所 会頭賞
商学科2年 林亜祐美さん 「いいこといっぱい いしきりん かるた」

アイディアの概要

カルタを使って大阪の魅力を発信して行くアイデアです。東大阪のゆるきゃらであるいしきりんが大阪弁を使って、大阪の観光名所や特産品を大阪の街をお散歩しながら、大阪の良さを紹介して行きます。
このカルタには自分が大阪に来て新たに発見したこと、肌で感じたことを自由にかけるオリジナルカルタの制作も取り入れました。

アイディアコンテストに出場して

昨年度は一次審査を通過したものの、二次審査で落選し、悔しい経験をしました。
今回はそのリベンジをと思い頑張ってなんとか三位入賞をすることができまた。
そしてこのアイデアが商品化に向け前向きに検討していただけるお話も出てきていて、正直驚いております。私のアイデアが評価され、そして課題提供をしてくださったいしきりんさんの期待に応えることができ、大変嬉しく思っております。
最後に先生をはじめ、協力して下った皆さんのおかげでこのような賞をいただことができました。ありがとうございました。

ページの先頭へ

特定非営利活動法人東大阪地域活性化支援機構 理事長賞
経営学科4年 大西七瀬さん 「イヤホール ジャんクしょん」

 

アイディアの概要

課題部門Cの応募作品で、スマートフォンにイヤホンを装着したままストラップを着けるための商品。シリコンとプラスチックでできており、安価で大量生産が可能です。イヤホンやストラップを使用する若者をターゲットにしています。

アイディアコンテストに出場して

今回、理事長賞という素晴らしい賞を頂きとても嬉しく思っています。私はパワーポイントでも凝った事は出来ませんし、自分なりのユーモアが人に通じない所があるのでプレゼンに関してとても不安に感じていました。それで、せめて言いたい事だけは明確に伝わるようにしようとハッキリ丁寧に話すよう心掛けました。このように私のアイディアとプレゼンを評価してくださった方々、そして私を支えてくれた全ての人にとても感謝しています

ページの先頭へ

審査員特別賞(順不同)
商学科4年 寺西和也さん 「Remains 遊園地潜入ツアー」

アイディアの概要

私の考えたビジネスアイディアは、『奈良ドリームランド』という遊園地の跡地を再活用することを目的としたものです。一言で言うと新施設建設にあたって必要となる施設解体費及び土地整備費用を収集するため、現在の状態のまま活用する方法を考えました。

アイディアコンテストに出場して

目標を高く掲げこのコンテストに取り組みました。実際に、現在無人島となっている軍艦島を訪れる「軍艦島上陸ツアー」にも参加し、廃墟ブームを実感しました。その後、様々な文献や書籍から調査を重ね最終審査に臨みましたが、結果は目指していたものには及びませんでした。結果は結果として、このコンテストを通じて多くのことを学びました。また、ご協力いただいた皆様には深く感謝しております。コンテストに挑戦したことが、学生生活の貴重な体験となりました

ページの先頭へ

審査員特別賞(順不同)
商学科3年 水原春佳さん 「絶景!!夕焼けガイドブック」

アイディアの概要

「絶景!!夕焼けガイドブック」は、公園や橋の上など特に観光地でない場所からの夕日を観光スポットとして取り上げ、共に周辺のお店の広告を掲載したガイドブックを作り、地域活性化に役立てるといったビジネスアイデアです。お店の広告掲載費で運営し、一般には無料で配布します。地域外の人がその場所に訪れるきっかけになるだけでなく、住んでいる人が改めてその地域を好きになる事が出来るガイドブックです。

アイディアコンテストに出場して

自分のアイデアを人に伝えるのは難しく、パワーポイントの作成もプレゼンを行うのも初めての事ばかりで本当に戸惑いました。しかし、友達や先生に協力してもらいながら全力で取り組む事が出来たのでとても楽しかったです。ファイナルプレゼンテーションではとても緊張しましたが、良い刺激になりました。ビジネスアイデアコンテストで得たものはとても多く、大きく成長出来た気がします

ページの先頭へ

審査員特別賞(順不同)
経営学科2年 長﨑悠さん 「ドアノブカラーアート」

アイディアの概要

カラーワイヤーをおしゃれに利用するという考えで、ワイヤーをドアノブに取りつけるというものです。ドアノブにおしゃれをする人を増やそうとした作品であり、取り付けが簡単であることや、低価格かつ自分で好きな形を作ることができるというもので付けるだけでなく、自分で作る楽しみも感じることができるアイデアです

アイディアコンテストに出場して

私は今回のビジコンを通して色々なことを感じました。ファイナリストに残ったのも嬉しいのですが、やはりコンテストの際に事前から当日に手伝っていただいた方に対しては感謝の気持ちでいっぱいです。
また色々な人と出会いがあり、たくさんの話を聞くことができる場を作っていただき、かけがえのない経験をさせていただきました。応募のきっかけはゼミの課題だったのですが、来年は上位入賞を目指して自分の意志で頑張っていきたいと思っています

ページの先頭へ

 

 特別講演と
 課題提供企業プレゼンテーション


特別講演
NPO法人 Deep People 理事長 牧文彦氏
とゲストスピーカー


課題提供企業
「合同会社いしきりん」
「株式会社せのや」


課題提供企業
「ZAQ(株式会社テクノロジーネットワークス)」
「NPO法人スマイルスタイル」


課題提供企業
「サンクレスト」


課題提供企業
「株式会社Dreams」


課題提供企業
「日本化線株式会社」

●特別講演 「クリエイティブ発想=生きる力」
      NPO法人 Deep People 理事長 牧文彦氏

●課題提供企業プレゼンテーション

 課題提供してくださった企業様よりプレゼンテーションが行われました。
 ◆課題提供企業:合同会社いしきりん/株式会社せのや
  提供課題  「『いしきりん』グッズの開発:目指せ!大阪を代表するおみやげ」

 ◆課題提供企業:ZAQ(株式会社テクノロジーネットワークス)/NPO法人スマイルスタイル
  提供課題  「『ユメコラボ』を使ったビジネスアイディア」

 ◆課題提供企業:株式会社サンクレスト
  提供課題  「携帯電話のアクセサリー:キラキラ・わくわく・ドキドキする商品アイディア」

 ◆課題提供企業:株式会社Dreams
  提供課題  「ポップコーンを使ったアイディア:一生の思い出になるサプライズプレゼント」

 ◆課題提供企業:日本化線株式会社
  提供課題  「カラーワイヤーを使った商品アイディア」

ページの先頭へ

 
企業賞

                       企業賞を受賞された4名と課題提供企業のみなさん














企業賞(順不同)
商学科2年 金田諒平さん   「なくしても 見つかる 双子ストラップ」

企業賞(順不同)
経済学科2年 八木有人さん  「ふんわりと匂いのする携帯カバー」

企業賞(順不同)
公共経営科2年 松井歩美さん 「Thank you mama! キット」

企業賞(順不同)
公共経営学科2年 山﨑大さん 「ワイヤークラフト組立キット ~楽しくリハビリ~」

 

ページの先頭へ

副賞 海外ビジネス研修旅行

大商大ビジネス・アイディアコンテストの上位入賞の副賞として海外ビジネス研修旅行が実施され、2012年度はマレーシアを訪問しました。

【海外ビジネス研修旅行】
期間 2012年12月24日(月)~12月27日(木)
目的地間 マレーシア
1日目 関西空港よりマレーシアへ
2日目 マレーシアヤクルト㈱工場視察(マレーシア)
ロイヤルセランゴール工場見学(クアラルンプール)
3日目 世界文化遺産の街、マラッカ観光
<青雲亭・サンチャゴ砦・セントポール大教会・ババニョヤ博物館・オランダ広場>
4日目間 マレーシア→関西国際空港へ

マラッカ観光

    

ページの先頭へ

企業視察

 マレーシアに着いて2日目に、日系企業「マレーシア ヤクルト」と現地企業「ロイヤルセランゴール」の2社を視察しました。

  【マレーシア ヤクルト】
    

    

 「マレーシア ヤクルト」では、社長の原本様からマレーシアの国と会社概要について説明がありました。

 マレーシアは、マレー系、中国系、インド系、先住民と他民族国家で、国教はイスラム教ですが信教の自由は保障されています。公用語のマレー語以外に、各種中国語(広東語、福建語など)、タミール語(インド系)と都心部や若年層は英語を話します。対日感情は、友好的で「ルック・イースト政策(東方を見る)」として、日本を見て国を育てるという政策が布かれていましたが、最近では、日本ではなく韓国に変わりつつあるようです。

 
「マレーシア ヤクルト」は、1987年に会社登記し、2004年に販売を開始しました。現在では、マレーシア国内に7つの営業所を持ち、店頭販売に加え、日本と同様に「ヤクルト レディ」による宅配販売も行っています。

 
営業活動については、営業マーケティング部の濱田様から説明がありました。

 
東南アジアは、乳酸菌飲料の激戦区となっており、様々な類似商品が販売されています。その中で、ヤクルトは、マレーシアでは2位、その他の東南アジアの国々ではトップブランドとなっています。国民性、宗教と様々な問題点の中、マレーシアでも「No.1ブランド」を勝ち取るため、ヤクルト菌の科学性・信頼性を全面に出した学術イベントや医科大学での委託試験を行うなどの営業活動を推進されていました。説明の後、工場にてヤクルトの製造工程を見学しました。

 
「マレーシア ヤクルト」では、高い退職率および低い労働モラルによる現地社員育成の困難や、原材料(安全確保のため日本からすべて輸入)の高騰など多くの課題を抱えながらも東南アジアで奮闘する日系企業を視察することができ、有意義な研修となりました。


  【ロイヤルセランゴール】
    

    

 「ロイヤルセランゴール」は、ピューター(錫)製品の世界トップクラスの企業で、中国系の創始者から三代目になります。

 
溶かした錫を型に流し込みジョッキの取っ手を作る工程や、カップの模様を削る作業などを見学した後、アイスクリームボウルの成型体験を行いました。一枚のピューターの板を木槌でたたきながらお椀状にしていきます。完成品は、修了書とともにをいただき、よい記念になりました。



 
~大商大生の皆さんへ~

2013年度の「第11回大商大ビジネス・アイディアコンテスト」上位入賞者にも、もちろん副賞として研修旅行と賞金が贈られます! ぜひ、応募して、海外へ飛び出すチャンスを手に入れてください!


  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

就業力教育