ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 就業力教育
  3. 大学時代
  4. フィールドワークゼミナール
  5. 東山 明子ゼミナール

就業力教育東山 明子ゼミナール

フィールドワークによるメンタルトレーニング・メンタルサポートの可能性(フィールドワークゼミナールⅡ)

スポーツは心技体すなわち、こころ、技術、からだ、の3つの調和が必須です。地域社会においては、技術を得る場はスポーツクラブやスポーツ教室などが応え、からだの育ちや維持は家庭や学校教育によってある程度充足されます。しかしこころについては、知識不足や適切な人材不足のために後回しにされているのが現状です。そこで、メンタルトレーニングやメンタルサポートの知識と技術を習得し、地域のスポーツ現場で役立てる術をフィールドワークにより探求します。

メンタルトレーニング・メンタルサポートを学ぶ

まず、メンタルトレーニングの基礎的知識として、意義や内容、技法などを学び、メンタルサポートに必要な心理アセスメントの一部についても習得します。

地域スポーツ参加児童の心理的課題とメンタルトレーニング的アプローチの実践

地域の子どもたちが練習をしている関西卓球道場で、子どもたちの練習の様子を観察し、どのような課題があり、どのようなメンタルサポートが必要なのか、を探し出します。さらにメンタルとレーニングの初歩的技法を用いて心理アセスメントを実施し、適切なフィードバックの仕方を学びます。

スポーツ施設利用者を対象としたスポーツの心理的効果の調査

民間スポーツ施設利用者への聞き取り調査や心理アセスメントによる調査を実施し、利用者のニーズを明らかにするとともにスポーツの心理的効果の検証を行います。
一連のワークを通して、メンタルトレーニングやメンタルサポートの理解を深め、問題解決能力を高めることを目指します。

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

就業力教育