ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 就業力教育
  3. 大学時代
  4. フィールドワークゼミナール
  5. 柗永ゼミナール

就業力教育柗永ゼミナール

ソーシャル・ビジネスに挑戦するインターンシップ型ゼミ(フィールドワークゼミナールⅣ)

このゼミナールでは、社会的問題の解決に取り組む企業で長期インターンシップ(実務研修)をゼミナール生全員が行います。過去には例えば、大和ハウスCSR推進室(小中学校での住環境教育)、NPO法人アミティエスポーツクラブ(子供たちの健全な心と体育成のためのサッカー教室)、NPO法人DeepPeople(社会問題をデザインの力で解決するグッズの開発)、大阪ボランティア協会などで長期インターンを行い、そこで学生は起業家精神を培ってきました。いま、企業が就活中の新卒大学生に求める能力は、コミュニケーション能力(1位)、主体性(2位)、チャレンジ精神(3位)【2007年経団連調べ】です。インターンシップは、学生がこれらの能力を身に付けようとするなら、最も効率的かつ効果的な手法です。

柗永ゼミナール独自のビジネス・スキルアッププロセス

前期では、ビジネスの手法を用いて社会的問題の解決に取り組んでいる企業に関する理解を深めたり、企業でインターン(実務研修)をする際に必要なビジネス・マナーやビジネス・スキルを身に付けたりするためのセミナーや合宿を実施します。夏休み以降は、各学生の要望と適正を加味しながら、研修先企業を選定し、半年から1年程度のインターンを開始します。インターンでは、社会人と行動を共にすることにより、実社会に通用するビジネススキルを体得することが出来ます。また社会人の仕事に対する責任感や使命感、働くことに対する考え方や人生哲学に触れることを通じて、目指したい社会人像が見えてくるため、自分の人生の目標がはっきりと見えてくるようになります。このように、在学中から社会人1年生と同じ経験をすることによって、新しいことにも積極的に挑戦し、自分から真摯な態度で他社に働きかけ、他社との信頼関係を築きながら、交渉・折衝を行えるチャレンジ精神あふれるビジネスパーソン、主体的コミュニケーション能力の高いビジネスパーソンとなって学生は大学を巣立っていきます。

インターンシップ事前研修宿泊オリエンテーション

柗永ゼミでは、企業等でインターンシップを行う前に、NPO法人JAE主催の宿泊オリエンテーションに参加しています。宿泊オリエンテーションでは、企業でインターンを行うために必要な社会人としてのマナー研修を受けたり、基本的なビジネススキルを磨いたり、ワークショップを行ったりします。このオリエンテーションには、他学の同年代の学生も参加しますので、他学の学生と比較して自分はどうか、自分の大学生活の過ごし方は現状でも大丈夫か、などを知るにはとても良い機会だといえます。宿泊オリエンテーションを終え、多くのゼミ生が、「他学の学生には負けません!」「フィールドワークに真剣に取り組み今の自分を変えたい!」といった感想を寄せています。

クールなエコバックケースの商品開発!

柗永ゼミの高橋君と村上君は、大学生が持ち歩いてもクールに見えるエコバックケースの商品開発に取り組んでいます。彼らは、若者(特に男性)がエコバックを持ち歩かない理由は、エコバックの見た目がダサいからだと考え、「かっこいいエコバック」を製作しようと試みました。しかし、彼らがデザインしたエコバックの生産コストは非常に高くなることが分かりました。一方、デザインをあまり気にしなければ百均でも購入できるエコバックが沢山あります。そこで、彼らはレジ袋やエコバックを収納できる「かっこいいエコバックケース」の製作へと計画を変更しました。一般社団法人まつり(福祉作業所)さんに製作を委託し、そして完成したのが写真のエコバックケースです。このエコバックケースには、若者に人気の有名ファッションブランドで使用されている本皮と同じ本皮の切れ端が使用されています。現在は、インターネット販売、各種フェアー会場での販売など、販売チャネルの開拓を行っているところです。

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

就業力教育