ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 就業力教育
  3. 大学時代
  4. フィールドワークゼミナール
  5. 【桑島紳二ゼミナール】「第32回帝塚山音楽祭」を視察しました。

就業力教育フィールドワークゼミナール

【桑島紳二ゼミナール】「第32回帝塚山音楽祭」を視察しました。

 桑島紳二ゼミナールは、今年度から新たに「フィールドワークゼミナールⅡ(2年次)」として開講しました。「東大阪こさかJAZZ」をクライアントに迎え、「アートによる地域活性化 -アートイベントの実践を通じて『公共』のあり方を考える-」をテーマに活動します。前期の活動では、10月の開催を予定している「東大阪こさかJAZZ」とのイベントに向けて、さまざまな市民主体の音楽イベントやアートイベントを実地調査する予定です。

 「帝塚山音楽祭」は、1987年からはじまり、今年で第32回を迎えます。今年は、5月26日(土)・27日(日)に開催されました。今回は、2年次生8名が初日26日(土)に視察した様子を取材しました。

 当日は、午前10時に帝塚山駅に集合し、万代池に向かって歩いていると、早速、エントランスステージからの演奏が聴こえてきました。メインステージの様子も見学しながら、万代池周辺を散策しました。当日は天気も良く、とても賑わっていました。

 その後、今回の視察のメインである、インタビュー調査を行いました。実行委員会 委員長 井出様にインタビューをするため、学生たちは本部の前で事前打合せをしました。初めてのフィールドワーク、初めてのインタビューに少し緊張気味でしたが、勇気を出して、インタビューに臨みました。

 次に、野点茶席「茶・書・音」を見学するため、万代池中ノ島へ移動しました。ここでは、表千家茶道教授 橘 宗雅様へインタビューを行いました。急なインタビューにも快く応えていただいたうえ、「学生たちがお茶席を知らないようなので是非体験してほしい」と、ご厚意で体験させていただけることになりました。

 学生たちは緊張した面持ちで、初めての茶道を体験させていただきました。「頂戴いたします」とお辞儀をすること、茶碗を拝見することなど、作法を教えていただきました。学生は本日一番の真剣な表情で取り組みました。

 桑島紳二ゼミナールは今年度から開講したゼミナールであるため、教えてくれる先輩もいない中でしたが、初めてのフィールドワーク、初めてのインタビューを満足に終えることができたのではないでしょうか。

 今回の取材にご協力いただきました、関係者の皆さま、ありがとうございました。

 

<エントランスステージの様子>

<メインステージの様子>

<万代池周辺を散策する様子>

<インタビュー前の打合せの様子(本部前)>

<実行委員長 井出様へのインタビューの様子①>

<実行委員長 井出様へのインタビューの様子②>

<表千家茶道教授 橘 宗雅様へのインタビューの様子>

<茶道体験の様子①>

<茶道体験の様子②>

<茶道体験の様子③>

<桑島紳二ゼミナール 2年次生>

 

フィールドワークゼミナール

  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

就業力教育