ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 就業力教育
  3. 大学時代
  4. 大阪商業大学ビジネス・パイオニア(OBP)コース
  5. 第三回オリックスバファローズマーケティングプレゼンテーションに参加しました。

就業力教育OBPコース活動予定・実績

第三回オリックスバファローズマーケティングプレゼンテーションに参加しました。

 11月19日(土)に帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパスにて、オリックスバファローズ主催の合同発表会にOBPコース3年次生の6名(オリックス班)が参加しました。これはオリックスバファローズと大学が連携して二軍の試合の来場者調査を行い、その調査結果の発表会で、今年は関西大学、摂南大学、阪南大学、大阪商業大学、和歌山大学、帝塚山大学 (発表順)が参加していました。

 OBPコースは第一回から参加し、今年は3年次生が中心となって5月7日(土)に花園セントラルバファローズスタジアムで開催されたオリックス対広島東洋カープ戦の来場者調査の成果を発表しました。各大学がそれぞれ独自の視点で調査結果をまとめているなかで、OBPコース・オリックス班はオリックスバファローズ球団から依頼のあった「前売券での来場者を増やす」「10代・20代の来場者を増やす」「広告媒体のプッシュ型、プル型を加味して発表」という内容に対して、マーケティングの視点から、「前売券売場を減らしたことによって前売券での来場者が減るのではないか?」「東花園球場のみで前売券販売にしたため東大阪市民の前売券購入者が増えるのではないか?」「来場していない10代・20代に来てもらうためにはポスターでの広告が有効なのではないか?」という仮説を立てて検証し、オリックス球団に対して「東大阪市民以外の前売券での来場者を増やすためには、東花園球場での販売に加え、スポーツ用品店等数箇所の販売場所を増やす」「10代・20代の来場者を増やすためには、大学のポータルサイトでの広告や、電車内・駅のホームでのポスターによる広告が有効」という内容等を提案していました。

 各大学のプレゼンテーションの終りにオリックスバファローズ球団から講評があり、本学に対しては、調査の中でオリックスバファローズに興味のない学生等に対しても調査を行い、分析を実施していることが良かった。との評価をいただきました。この経験を活かし更なる成長につなげてください。

プレゼンテーションの様子①

プレゼンテーションの様子②

質疑応答の様子

 

会場の様子

集合写真:左からOBPコース3年(石橋 侃大/河池 良樹/久保利 勇太/樋口 静音/岩 拓斗/大石 卓弥)

過去のOBPコース活動予定・実績

  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

就業力教育