設立主旨・活動内容 | 起業教育研究会について | 大阪商業大学 総合交流センター

起業教育研究会について

設立主旨・活動内容

大阪商業大学の起業教育

大阪商業大学における起業教育は起業家育成を目標とするものではなく、起業家精神の涵養と起業家的な資質・能力の育成を主たる目標としています。本学の起業教育の取組は、平成16年度に文部科学省「特色ある大学教育推進プログラム(特色GP)」に採択されました。平成20年度には、「実践教育による社会的問題解決能力の養成―フィールドワークを活用したプロジェクト型演習の導入―」というテーマで「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に採択されています。教育GPの取組は、地域社会から学生教育の場としてのフィールドの提供を受けるとともに、大学がもつ知的資産や学生の行動力・創造力を地域社会に還元し、地域社会の活性化に貢献しようというものです。

起業教育研究会の設立主旨・活動内容

大阪商業大学の建学の理念である「世に役立つ人物の養成」の世に役立つとは、社会の問題を実際に解決し得る能力を高める教育こそ、本学の起業教育が目指す大きな目標ということができます。このように社会の問題を解決する形は多様です。社会の何かを変えようというマインド、スピリットとその手立て、道具を用意することが起業教育の使命と考えています。
本学では、高校生を対象に新しい商品やサービス、ビジネスプランを募集・表彰する「ビジネスアイディア甲子園」を実施しています。また起業教育に関する情報交換の場として2003年2月に「起業教育研究会」が発足しました。商業科、工業科、普通科など学科系統の枠を超えて起業教育に関する情報交換の場として、高校の先生方と大阪商業大学教員によって活発な活動が展開されています。

起業教育研究会では、年1回~2回のペースで全国の高校の先生方が集まり、「起業教育」のあり方や方向性などについて、具体的な事例や講演、起業教育の実践報告、ワークショップなどを通じて研鑽しています。

また、高校の先生方と本学教員との共同作業によって、「高校生のための起業教育ワークブック」が作成されました。起業教育は、生徒自身に考えさせ、気づかせる教育を実践するものであり、このワークブックは起業教育を担当する先生方のための起業教育指導書として位置づけられるものです。生徒が自分自身で考え、またグループで議論したことを書き込む形式のワークシートを用意しています。本書は第1章の導入編「起業家精神を育てる」、第2編の基本編「商品企画に挑戦!」、第3編応用編「新しい課題に挑戦!」、第4編技術編「商品企画に関する技術」の4編から構成されています。

大阪商業大学 総合交流センター

〒577-8505 
大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10

TEL 06-6785-6286
e-Mail react@oucow.daishodai.ac.jp