【LSS×古都研究会合同企画】「丑年(うしどし)と疫病(コロナ)退散」展示開催中! | News&Topics | 大阪商業大学 図書館

News&Topics

【LSS×古都研究会合同企画】「丑年(うしどし)と疫病(コロナ)退散」展示開催中!

イベント 2021/04/24

学生・教職員の皆さま

 図書館では、LSS(図書館学生スタッフ)と古都研究会の合同企画展示を開催しています。
 例年、古都研究会は大学祭で1年間の活動報告と共に干支に関する張り子人形を展示しています。しかし、昨年の大学祭は、コロナ禍により中止となったため、LSS選出による感染症に関する書籍と併せて干支である丑の張り子「赤べこ」を展示することになりました。「赤べこ」は、福島県の郷土玩具で古くから魔除けや疫病退散の縁起物として親しまれてきました。
 今回は、新型コロナウイルスが収束し平穏な学園が戻ることを願いさまざまな「赤べこ」を展示しています。オリンピック限定の「オリンピックべこ」や「キティちゃん赤べこ」など、ぜひご覧ください。


【展示期間】2021年9月30日まで(予定)
【展示場所】図書館2階 館内階段横スペース

2021HP.JPG