ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 公開講座
  3. 大学院公開講座

大学院公開講座

自動車産業における電子化の進行と部品サプライヤーの対応

 近年、自動車の電子化が進んでいる。その背景には、EV(電気自動車)、HV(ハイブリッドカー)などの電力を駆動装置とする新たな自動車の登場、普及が挙げられる。それと同時に、既存のガソリン車にも電子制御やテレマティクスの導入などによって電子部品の割合も着実に増加している。さらに、2013年10月14日に開かれた「第20回ITS(高度道路交通システム)世界会議」の場で、安全で、より円滑な交通環境を実現するための技術と関連する法整備などが議論されている。その代表例は、人工知能を駆使した運転支援システムの導入である。このように、これまで総合的な機械装置であった自動車は電子化の進行に伴い、姿や形を含めてその仕組みも大きく変わろうとしている。
 その中で、自動車の組立メーカー各社は新たな変化に対応すべく、挙って技術開発をはじめ、様々な施策を打ち出している。一方、部品サプライヤーのレベルでは今後どのような対策を打ち出す必要があるのか。特に電子化の進行に伴い、異業種からの新規参入がこれから増えていくと思われる。実際、アメリカのIT大手であるグーグルが自動運転システムに関する独自の構想を既に打ち出しており、大きな話題を呼んでいる。このような新規参入の脅威にどう立ち向かうのか、部品サプライヤーにとって新たな戦略構築が迫られている。
 今回の公開講座では、自動車産業における電子化の現状と今後の展開、そして、部品サプライヤー業界の対応策や取り組みなどについて、業界最大手の株式会社デンソーの北原敬之氏、及び長年にわたって部品サプライヤーを研究されている名古屋学院大学の佐伯靖雄氏をお招きして、解説をしていただく。

■ 主催:大阪商業大学大学院 地域政策学研究科
■後 援:近畿経済産業局、公益財団法人関西生産性本部、大阪商工会議所、東大阪商工会議所、産業学会、自動車問題研究会、科学・技術研究会

主催者挨拶 富田 和暁(大阪商業大学大学院地域政策学研究科長)
開会挨拶 片山 隆男(大阪商業大学副学長)
講演 自動車部品の電子化に伴う産業構造の変化
講師 北原 敬之 氏

次世代自動車の普及要件とカーエレクトロニクス関連企業の取り組み
講師 佐伯 靖雄 氏
パネル・ディスカッション パネリスト
北原 敬之 氏 株式会社デンソー 経営企画部 担当部長
関東学院大学 経済学部 客員教授
早稲田大学 自動車部品産業研究所 招聘研究員
佐伯 靖雄 氏
名古屋学院大学 商学部 講師
京都大学 東アジア経済研究センター 外部研究員
立命館大学 BKC社系研究機構 客員研究員

司 会
大阪商業大学大学院 地域政策学研究科 教授
大阪商業大学 総合経営学部 教授
日 程 平成26年 2月8日土 13:00~16:00(開場12:30)
場所 大阪商業大学 4号館1階 411教室
定 員 150名(申込み先着順)
参加費 無料
お申込み方法 お申込みは電話・FAX・E-mailで受付いたします。(1)氏名、(2)住所、(3)連絡先(電話番号またはE-mailアドレス)を明記のうえ、 大阪商業大学 教務課 大学院公開講座係 まで。
教務課 TEL:06?6781?8816  FAX:06?6781?8438
E-mail:ouckym@oucow.daishodai.ac.jp

講師・パネリスト(50音順)

北原 敬之 氏 株式会社デンソー 経営企画部 担当部長
関東学院大学 経済学部 客員教授, 早稲田大学 自動車部品産業研究所 招聘研究員

経 歴
1978年3月、早稲田大学 商学部 卒業。
1978年4月、株式会社デンソー入社。
1992年7月、デンソー・インターナショナル・アメリカ シニア・マネージャー。
1996年7月、株式会社デンソー 秘書部 主幹(社長秘書)。
2003年6月、株式会社デンソー 海外事業企画部 主幹。
2003年7月、デンソー・インターナショナル・アメリカ 副社長。
2011年11月、株式会社デンソー 経営企画部 担当部長(現在に至る)。
2011年11月、早稲田大学 自動車部品産業研究所 招聘研究員(現在に至る)。
2012年4月、関東学院大学 経済学部 客員教授(現在に至る)。
専門分野
多国籍企業論、自動車部品産業論
主著書
◎『市場開拓・開発テーマ発掘のためのマーケティングの具体的手法と経験事例集』(株式会社技術情報協会)、2013年(共著)
◎「日系自動車部品サプライヤーの競争力を再考する~ビジネスモデル・信頼性・ひとづくりの視点から~」(早稲田大学自動車部品産業研究所紀要)、2013年
◎「日系自動車部品サプライヤーの海外における開発・設計の現地化に関する一考察」(早稲田大学自動車部品産業研究所紀要)、2011年
公職等
一般財団法人機械振興協会 「新しいクルマ産業圏」におけるサプライヤー構造の変化と競争力強化に関する調査研究委員会(2012年12月~2013年3月)

佐伯 靖雄 氏 名古屋学院大学 商学部 講師
京都大学 東アジア経済研究センター 外部研究員, 立命館大学 BKC社系研究機構 客員研究員

経 歴
2001年3月、立命館大学 政策科学部 政策科学科 卒業。
2001年4月、日本精機株式会社(購買二部、第一営業部)。
2007年3月、立命館大学大学院 経営学研究科 博士課程前期課程修了。
(2009年1月~2009年3月、独University of Duisburg- Essen 東アジア研究所にて在外研究)。
2010年3月、立命館大学大学院 経営学研究科 博士課程後期課程修了、博士(経営学)。
2010年4月、立命館大学 経営学部 助教。
2012年4月、名古屋学院大学 商学部 講師(現在に至る)。
専門分野
生産管理論、技術経営論、中小企業論
主著書
◎『自動車の電動化・電子化とサプライヤー・システム』(晃洋書房)、2012年
◎『自動車のエレクトロニクス化と標準化』(晃洋書房)、2008年(共著)
◎『組織能力と企業経営』(晃洋書房)、2008年(共著)

孫 飛舟 大阪商業大学大学院 地域政策学研究科 教授
大阪商業大学 総合経営学部 教授

経 歴
1992年、南開大学 外国語言文学部(中国)卒業。
1994年、流通科学大学 商学部 卒業。
1996年、神戸商科大学大学院 経営学研究科 修士課程修了。
2000年、神戸商科大学大学院 経営学研究科 博士後期課程修了、博士(経営学)。
2001年、大阪商業大学 総合経営学部 流通学科 専任講師。
2007年、同学部 商学科 准教授。
2010年、同教授(現在に至る)。
専門分野
マーケティング論、流通論
主著書
◎『現代自動車の成長戦略』日刊自動車新聞社、2012年(共著)
◎『転換期を迎える東アジアの企業経営』御茶の水書房、2011年(共著)
◎『構造転換期の中国経済』世界思想社、2010年(共著)
◎『現代中国産業経済論』世界思想社、2007年(共著) 『自動車の電動化・電子化とサプライヤー・システム』(晃洋書房)、2012年