ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 公開講座・研究講座
  3. 大学院公開講座

 

大学院公開講座

 近年、マスコミで中国企業に関する話題が段々増え、その経営に関心を持つ者もかなり増えている。その背景にはやはり中国経済が減速している中で、中国企業がどのような経営展開を行っているのか、これまで先進国企業のキャッチアップを目指してきた彼らはどのようなビジョンや戦略を打ち出すのかなどといったほとんどベールに包まれている部分に世間の関心が集まったからだと言える。実は中国企業による外国企業に対するM&Aが近年かなり活発化している。例えば、中国の家電最大手の「Haier(ハイアール)」がパナソニック社から旧三洋電機の白物家電事業を買収し、元々三洋電機の「AQUA」ブランドも手に入れ、「ハイアールアジア株式会社」という会社を日本に立ち上げ、アジアにおける開発、製造、販売の統括会社と位置付けている。最近、日本で発売されている掌サイズの洗濯機「コトン」、スターウォーズの人気キャラクター「R2-D2」を模した冷蔵庫など、ユニークな製品を相次いで開発、販売し、大きな話題を呼んでいる。
 今回の公開講座は、中国企業の経営とグローバル化をメインテーマに、ハイアールアジア株式会社の協力を得て、同社執行役員の山﨑伸一氏を迎え、また、中国企業の経営に詳しい甲南大学経営学部教授の杉田俊明氏と本学大学院教授の古沢昌之を交えて、講演とパネルディスカッションを行う。公開講座を通じて、ベールに包まれた中国企業の経営実態がより明らかになるに違いない。

■ 主催:大阪商業大学大学院 地域政策学研究科
■ 後援:産業学会、多国籍企業学会

開会
(14:00〜14:10)
主催者挨拶
安室 憲一(大阪商業大学大学院地域政策学研究科長)
開会挨拶
片山 隆男(大阪商業大学副学長)
講演
(14:10〜15:40)
中国の人事労務管理システムの特質ー改革・開放後の変容
古沢 昌之 大阪商業大学大学院教授

中国・華人系企業の経営と戦略
杉田 俊明氏 甲南大学経営学部教授

三洋DNAを引継ぎ、ハイアールアジアの目指す進化とは
山﨑 伸一氏 ハイアールアジア株式会社
       チーフ・ストラテジー・オフィサー 執行役員 シニア・バイス・プレジデント
休憩
(15:40〜16:00)
パネル・ディスカッション
(16:00〜17:00)
パネリスト
古沢 昌之 大阪商業大学大学院教授

杉田 俊明氏 甲南大学経営学部教授

山﨑 伸一氏 ハイアールアジア株式会社
       チーフ・ストラテジー・オフィサー 執行役員 シニア・バイス・プレジデント

司 会
安室 憲一(大阪商業大学大学院地域政策学研究科長)
日 程 2016年 2/6(土) 14:00〜17:00(開場13:30)
場所 大阪商業大学 4号館1階 411教室
定 員 150名(申込み先着順)
参加費 無料
お申込み方法 お申し込みは 電話・FAX・E-mail で受付いたします。 (1)氏名、(2)住所、(3)連絡先(電話番号またはE-mailアドレス)を明記のうえ、大阪商業大学 教務課 大学院公開講座係 まで。 受付完了のご返信はしておりませんので、直接会場にお越しください。お申込み多数につき定員に達した場合のみ、ご連絡いたします。
教務課 TEL:06-6781-8816  FAX:06-6781-8438
E-mail:ouckym@oucow.daishodai.ac.jp
参加申込書:こちらよりダウンロードしてください。

講師・パネリスト(講演順・敬称略)

古沢 昌之/ふるさわ まさゆき
大阪商業大学大学院教授

専門
国際人的資源管理論、国際経営論、中国労使関係論
経歴
関西学院大学経済学部 1986年卒業、関西学院大学大学院商学研究科博士後期課程 2002年単位取得満期退学、博士(経営学)、修士(経営学)、(財)関西生産性本部業務2部課長、英国レディング大学ヘンリービジネススクール客員研究員、(株)ダイヘン社外監査役
主な著書・論文
◎『「日系人」活用戦略論』(単著)〔白桃書房、2013年 異文化経営学会賞、入江猪太郎賞〕
◎『グローバル人的資源管理論』(単著)〔白桃書房、2008年 多国籍企業学会賞、日本公認会計士協会学術賞−MCS賞〕
◎『新興国における人事労務管理と現地経営』(共編)〔白桃書房、2015年〕
◎『中国の労使関係と現地経営』(共著)〔白桃書房、1999年〕
◎『Global Talent Management』(共著)〔Springer、2014年〕
◎「日本企業の海外派遣者に対する人的資源管理の研究」〔大阪商業大学論集第159号、2011年〕
◎「中国における『労使間の摩擦』に関する一考察」〔国際経済労働研究 第66巻第2号、2011年〕

杉田 俊明/すぎた としあき
甲南大学経営学部教授

専門
国際経営論、アジア企業経営論
経歴
東京都生まれ。商社、コンサルティング会社を経て現職。海外での生活体験は中国や英国などを含め、約30年。早稲田大学大学院、関西学院大学大学院、明治大学などでの兼務、中国大陸・中山大学管理学院MBAセンター国際ビジネス講座担当客座教授、台湾・東海大学EMBAコース集中講座担当客員教授、英国レディング大学や、リーズ大学各客員研究員など国内外での兼務を歴任し、複数国のビジネススクールにてMBA・EMBA講座(現役経営者対象)と、国内外多くの企業の国際経営支援業務、幹部社員の教育研修業務を担当。
主な著書・論文
◎『中国ビジネスのリスク・マネジメント』〔ダイヤモンド社、1996年〕
◎『国際ビジネス形態と中国の経済発展』〔中央経済社、2002年〕などの単著を含め、国際経営関連論著多数。
◎前 フジサンケイビジネスアイ(産経新聞グループの経済経営専門紙)コラムニスト「アジア・中国ビジネスの経営環境と経営戦略」担当、毎週木曜掲載分(2010年~2014年)
◎前 NHK語学放送講座講師、「即戦力のビジネス中国語」「中国がわかる!杉田教授のビジネススクール」を担当(2011年~2012年)

山﨑 伸一/やまさき しんいち
ハイアールアジア株式会社
チーフ・ストラテジー・オフィサー 執行役員 シニア・バイス・プレジデント

経歴
1997年大阪大学 理学部 宇宙地球科学科卒業後、マーケティング会社に入社。2003年サンフランシスコ州立大学経営大学院修了後、三洋電機(株)に中途入社。本社戦略部門で、グループ戦略、海外事業戦略の立案、推進に加え、課題事業の分析や改革等を推進。2006年、海外事業部門へ異動、欧州事業拡大・再生のため、欧州に赴任。欧州担当役員と共に、欧州各国課題事業の見直しと再構築を推進。2010年、海外営業本部経営企画室に帰任し、グローバル事業3000億円の経営戦略・事業計画の立案と共に、経営改革の推進を担う。2011年、海外における三洋ブランド終息に向け、各国の撤退スケジュールを立案、遂行管理を実施。2012年4月 三洋からハイアールの白物家電に関する事業譲渡の一環として、ハイアールアジアへ出向、その後転籍。海外営業本部での事業企画部で、M&A後の事業継承を完了したのち、2013年よりハイアールアジアグループ事業企画室にて全社戦略を担当。2014年には、ハイアールアジアグループCSO兼CAOとして、2014年2月に就任した伊藤CEOの経営改革、推進をサポート。業界に革命を起こすべく、事業戦略の立案・推進に加え、新しいビジネスモデルをうみだせる組織へと脱皮させるべく日夜奮闘している。2015年4月より現職。

安室 憲一/やすむろ けんいち
大阪商業大学大学院地域政策学研究科長

専門
経営学、国際経営論、多国籍企業論、中国企業経営論、ビジネス・モデル論
経歴
東京理科大学工学部経営工学科 1969年卒業、神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程 1974年単位取得退学、博士(経営学)、兵庫県立大学名誉教授
主な著書・論文
◎『多国籍企業と地域経済』〔お茶の水書房、2012年〕
◎『ケースブック ビジネスモデル・シンキング』〔文眞堂、2007年〕
◎『新グローバル経営論』〔白桃書房、2007年〕
◎『中国企業の競争力』〔日本経済新聞社、2003年〕