ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 概要
  4. 商経学会

大学について商経学会

大阪商業大学商経学会

大阪商業大学商経学会は、本学教授・准教授・専任講師・助教・助手及び本学大学院博士後期課程在学生からなる正会員、在学生からなる購読会員、本学卒業生その他評議員会において認めた賛助会員をもって構成され、本学の建学の精神に則り、研究発表を通して学術の研鑚をはかることを目的としています。本会では上記の目的を達成するために、主に次の二つの事業(研究発表会と論集の発行)を行っております。

研究発表会

商経学会研究発表会は年6回、原則として5月・6月・7月・10月・11月・1月の最終水曜日に前段と後段に分けて行われます。ここでは日頃の教員の研究成果を、肉声を通して聞くことができます。

研究発表会研究発表会

論集

商経学会では、『大阪商業大学論集』の発行を行っています。『大阪商業大学論集』は正会員の研鑚、発表の場として、発行は年4回で、6月1日と1月20日発行の論集が社会科学篇で経済・経営が中心です。 7月1日及び2月10日発行の論集は人文・自然・社会篇で経済・経営以外の全領域をカバーしています。論集には本学教員の最新の研究成果が発表され、全国約500の大学図書館・研究機関に配布されております。入手ご希望の方は、下記連絡先までお問合せください。『大阪商業大学論集』の創刊号からの目次は、図書館のホームページ(http://www.lib.daishodai.ac.jp/)で検索できます。また、2014年10月から大阪商業大学学術情報リポジトリで研究成果を公開しています。

第13巻第4号(通号188号)2018年2月発行

論説

タイトル執筆者
河内の古代
―「千歳を待ちて澄める河」の解釈を中心に―
日本的システムと行政経営
2016年度獣医師と動物看護師のストレス調査実施報告

大阪商業大学学術情報リポジトリへ

ページの先頭へ

第13巻第3号(通号187号)2018年1月発行

論説

タイトル執筆者
Profitability and Efficiency of Japanese and German Machinery-producing Firms: Evidence Based on Firm-level Balance Sheet Data
Market Development Through Leveraging Subsidiary Capabilities: A Case Study of Nitta Gelatin India Limited (NGIL)
産油国の国際政治経済学

資料

タイトル執筆者
産油国の国際政治経済学

大阪商業大学学術情報リポジトリへ

ページの先頭へ


過去の論集

お問い合わせ・お申し込み先

TEL06-6785-6139

FAX06-6785-6237

E-mailhiken@oucow.daishodai.ac.jp