ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 概要
  4. 教員紹介
  5. 古作 登 - 公共学科

大学について教員紹介

公共学科 助教 古作 登 Kosaku Noboru

将棋・囲碁をメーンとした頭脳スポーツ全般、頭脳スポーツに関する研究(歴史、理論、学習法、心理)

古作 登

生年 1963年
学歴

早稲田大学教育学部教育学科教育心理学専修卒業

学位 教育学士
主な職歴 株式会社毎日コミュニケーションズ『週刊将棋』編集長、囲碁書籍編集長、ネット事業課長
主な担当科目 遊戯文化史、知的ゲーミング演習
専門分野 将棋・囲碁をメーンとした頭脳スポーツ全般、頭脳スポーツに関する研究(歴史、理論、学習法、心理)
研究課題
研究実績

著書

  • 『よくわかる将棋入門』小学館
  • 『人間に勝つコンピュータ将棋の作り方』(共著)技術評論社

論文

  • 「本因坊算砂の人物像と囲碁将棋界への技術的功績を再検証する」『大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要』第15号
  • 「平安時代の「酔象」駒発見から日本将棋の進化過程を推測する」『大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要』第16号
  • 「子どもとおとな、将棋能力の学習と発達~どのように学ぶか、なぜ子どもは伸びるのか、おとなでも早く上達することは可能か~」『子どもと発育発達』13巻 3号
学会 IR*ゲーミング学会
受賞
社会活動
趣味 将棋、囲碁、テニス、ゴルフ、スキューバダイビング