ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 概要
  4. 教員紹介
  5. 坂手 啓介 - 経営学科

大学について教員紹介

経営学科 准教授 坂手 啓介 Sakate Keisuke

管理会計、プロジェクト・マネジメント

坂手 啓介

生年 1972年
学歴
  • 関西学院大学商学部 1997年卒業
  • 関西学院大学大学院商学研究科博士後期課程 2002年単位取得満期退学
学位 商学修士
主な職歴
主な担当科目 簿記原理、管理会計論、工業簿記論、BP会計III
専門分野 管理会計、プロジェクト・マネジメント
研究課題 プロジェクト・マネジメントにおける管理会計の役割
研究実績

論文

  • 「統合的会計情報システムに関する一考察-Hollander, Denna, Cherringtonの提唱する会計情報システムをもとに」『関西学院商学論究』(第49巻第1号)関西学院大学商学研究会
  • 「会計情報システムの諸類型ー単独型から統合型へ」『企業会計』(Vol.54No.5)中央経済社、2002年
  • Quantitative/Mathematical Approaches in Management Accounting: Based on a Survey Concerning With Research and Education in Japan,(co-authored)“The International Review of Business,No.6,”The Society of Business Administration, Kwansei Gakuin University,2003
  • 「ITとプロセス改革の関連性についての考察-日本企業における実態調査から-」『戦略的プロセス・マネジメント-理論と実践』税務経理協会 2006年

その他

  • 学会発表「エレクトロニクス産業における日本企業の国際管理会計実務」(共)アジア管理会計フォーラム(Asian Management Accounting forum), 2002年
  • 学会発表「発表管理会計研究・教育と数学-実態調査を踏まえて-」(共)日本経営数学会、第24回全国研究大会、2002年
  • 研究報告「管理会計研究・教育と数学-実態調査を踏まえて-」(共)『新しい経営数学のありかたと文系学部における教育方法の研究』平成13~平成14年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1))研究成果報告書 プロジェクトNo.13630136,2002年
  • 学会発表「日本企業におけるプロセス・マネジメントの実証分析」(共)日本会計研究学会、第55回関西部会、2005年
  • 学会発表「プロジェクトマネジメントにおける管理会計の役割について-海外建設プロジェクトにおける考察をとおして-」(単)日本管理会計学会、2013年度全国大会、2013年
学会 日本会計研究学会、日本管理会計学会、国際会計研究学会、日本経営数学会
受賞
社会活動 日本管理会計学会参事(2011年~2013年)、2003年度日本管理会計学会全国大会準備委員
趣味