ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 概要
  4. 教員紹介
  5. 宍戸 邦章 - 公共経営学科

大学について教員紹介

公共経営学科 教授 宍戸 邦章 Shishido Kuniaki

社会学、社会老年学、社会調査

宍戸 邦章

生年 1977年
学歴
  • 同志社大学 文学部 2000年卒業
  • 同志社大学大学院 文学研究科 博士後期課程 2005年修了
学位 博士(社会学)
主な職歴 大阪商業大学 比較地域研究所 JGSSポスト・ドクトラル研究員、同志社大学社会学部嘱託講師 等
主な担当科目 社会学概論、社会福祉入門、社会調査入門
専門分野 社会学、社会老年学、社会調査
研究課題 高齢期の社会的ネットワークと地域活動
研究実績

著書

  • 『共生型まちづくりの構想と現実-関西学研都市の研究-』(共)晃洋書房
  • 『日本人の意識と行動』(共)東京大学出版会
  • 『データでみる東アジアの家族観-東アジア社会調査による日韓中台の比較-』(共)ナカニシヤ出版
  • 『シリーズ生涯発達心理学⑤ エピソードでつかむ老年心理学』(共)ミネルヴァ書房
  • 『The SAGE Handbook of Survey Methodology』(共)SAGE Publications Ltd.

論文

  • 「高齢期における「共」活動の意味-「遊」縁派と「志」縁派の「老い方」の考察から-」 『ソシオロジ』49-1
  • 「関係のなかの老い-大都市郊外に生活する高齢男性の事例分析-」『同志社社会学研究』第7号
  • 「高齢期における再編的エイジングの研究-大都市郊外における社会的ネットワークの変容と「老い方」の諸形態-」『同志社大学大学院文学研究科博士論文』
  • 「高齢期における社会的ネットワークの「多様性」-JGSS-2003データを用いた相談ネットワークの分析-」『日本版General Social Surveys研究論文集[5]』
  • 「Trends of Japanese Values and Behavioral Patterns based on JGSS Cumulative Data 2000-2003」(共)『日本版General Social Surveys研究論文集[6]』
  • 「高齢期における幸福感規定要因の男女差について-JGSS-2000/2001統合データに基づく検討-」『日本版General Social Surveys研究論文集[6]』
  • 「中年層が抱く高齢期ライフスタイルの分析-JGSS-2005を用いて-」『大阪商業大学論集』第4巻第2号
  • 「大規模調査の回収率改善のための調査員の行動制御-JGSSにおける訪問記録の分析から-」(共)『理論と方法』23巻2号
  • "Designing Response Categories of Agreement Scales for Cross-national Surveys in East Asia: The Approach of the Japanese General Social Surveys″(共)The International Journal of Japanese Sociology18 
  • 「East Asia Social Surveyを通してみた国際比較調査の困難と課題」(共)『社会と調査』第7号
  • 「日本人の幸福感-階層的APC AnalysisによるJGSS累積データ2000-2010の分析-」『社会学評論』62-3
  • 「社会的問題解決能力養成手段としてのフィールドワーク活動に関する分析」『大阪商業大学論集』第7巻第4号
  • 「高齢者の社会的サポート・ネットワークと社会保障政策への意識」『季刊社会保障研究』Vol.48 No.3
  • 「東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故が災害リスクの認知および原子力政策への態度に与えた影響」『社会学評論』64-3
  • 「高齢者による市民活動の展開過程に関する研究―大都市における「買い物弱者」問題の解決を目指したアクション・リサーチ―」『同志社社会学研究』20号

その他

  • 書評「現代日本人の家族:NFRJからみたその姿」『家族社会学研究』21(2)
  • 書評「現代の階層社会Ⅲ:流動化のなかの社会意識」『理論と方法』27(1)
学会 関西社会学会、地域社会学会、日本社会学会、日本家族社会学会 ソシオロジ(社会学研究会)、日本老年社会科学会、日本地域福祉学会、日本社会福祉学会
受賞
社会活動 日本版総合的社会調査共同研究拠点大阪商業大学JGSS研究センター 運営委員、日本社会学会 研究活動委員
趣味