ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学院概要

大学院概要

地域の人々とともに考え、行動する、現実に活きる学びを。

本来、「経済学」は、人がいて、生活があり、産業があり、それによって起こる事象から導かれるものであるはずです。テキストや数字上の世界から現実に目を向けると、地域が抱える具体的な問題の存在に気づくでしょう。そうした問題を解決するためには、マクロの国やミクロの企業といった視点からだけでなく、地域で暮らす人々や組織、社会とともに、考え、理解し、行動する包括的(インクルーシブ)なアプローチがかかせません。
地域政策学研究科では、経済学、社会学、社会工学、経営学などを基礎としながら、地域に関わる諸問題を歴史、文化、環境、政策の観点からも研究します。地域で起こる生きた問題には、学問分野のフィールドを越えて、地域諸科学の知識を駆使して取り組むことが求められます。また本大学院では、地域経済政策専攻と経営革新専攻を設置していますが、両専攻を有機的に連携させることで、より包括的な学びの場を提供しています。
本大学院は、国内有数の中小企業の集積地として知られる東大阪に立地しています。この環境は、本大学院で学ぶ人々にとっても、非常に貴重な問題解決の実践的フィールドとなるでしょう。アジアを始め、グローバルに広がる企業ネットワークのダイナミズムに触れながら、地域社会への参加を通じ、新たな知の探求に取り組んでみてください。

研究科長
安室 憲一/YASUMURO Kenichi

建学の理念 世に役立つ人物の養成

「世に役立つ人物の養成」を建学の理念とし、それを具現化するための4つの柱を掲げています。社会で必要な知識・技能・資格を身につけ、広い視野・適応力・創造性を兼ね備えた、魅力ある人物の養成に力を注いでいます。
最も大切にしているのは、何事にもプラス思考で取り組める前向きな心。ここで学ぶすべての学生が楽しく充実した人生を歩めるように、一人ひとりに寄り添い、未来を見つめて共に考えながら、全力で支援していきます。

大阪商業大学 大学院組織図

大学院と研究施設の連携で、
より高度な地域政策学の研究拠点へ

  • 大阪商業大学大学院の特色
    実効力のある地域政策を実現する人材を育成することで、地域へ貢献していきます
  • 学長挨拶
    新しい学問分野「地域政策学」の確立とその社会的還元を目指します