研究生について | 大学院概要 | 大阪商業大学 大学院

大学院概要

研究生について

研究生とは

特定の事柄について研究する方を、期間を限って受け入れるための制度です。本大学院では、多くの場合、正課生(院生)の入学試験を受けるための準備期間として位置付けられています。

研究期間

原則として、研究期間は同一年度内で1年以内となります。そのため、前期入学の場合は、4月から翌年の3月までの1年間、後期入学の場合は、後期授業開始日(9月末頃)から翌年の3月までの半年間となります。また、特別の理由がある場合は、1年を限度として、研究期間を延長することができます。

研究等

指導教員の指導のもとに自己の研究を行います。また、指導教員と相談の上、必要があると認めたときは、科目等履修生として学部及び大学院の授業科目を履修することができます(ただし、留学生は、研究指導も含めて週10時間の履修が必要です)。また、図書館や大学院生用個人ブースなどの設備を一部使用することができます。

学費等

授業料 1年間(4月入学):250,000円 / 半年間(10月入学):125,000円
教育充実費 1年間(4月入学):70,000円 / 半年間(10月入学):35,000円

出願資格

大学を卒業した者及びこれと同等以上の学力があると認められた者となります。これは本大学院の博士前期課程及び修士課程の出願資格と同じです。詳細は、本大学院HPの入試情報コンテンツ内にある募集要項・出願書類の案内ページをご参照ください。加えて、留学生においては、日本語能力試験N2レベル相当以上の日本語能力があると認められた者とします。

選考方法

出願書類の審査と面接試験により総合的に判定します。

出願期間等

年に2回(前期入学と後期入学)試験が実施されます。
※面接審査の日程については、出願者に対して出願期間終了後に案内します。

2022年後期入学(10月)

研究期間 2022年10月~2023年3月(半年間)
出願期間 2022年7月4日(月)~7月9日(土)
手続期間 2022年7月23日(土)~7月30日(土)

2023年前期入学(4月)

研究期間 2023年4月~2024年3月(1年間)
出願期間 2023年1月16日(月)~1月23日(月)
手続期間 2023年2月17日(金)~2月28日(火)

出願にあたっての注意

出願前に指導希望教員との事前面談を行い、出願の許可を受ける必要があります。そのため、本大学院の研究生を希望される方は、出願前に一度教務課までご連絡ください。

研究生インタビュー

2021年度研究生

大学院への進学と将来の夢の実現のため、研究生になることが確かな一歩に。

姜 穎(Jiang Ying)
姜 穎
Jiang Ying
研究生になったきっかけ
中国の大学で経営学を専攻していた私は、日本の大学院に進学してさらに知識を深めたいと考えました。私は自動車産業のサプライチェーン、中でも原料・製造過程の川上を研究したいと考えました。来日して語学学校に通いながら、自分の研究ができる進学先を探している際、現在の指導教員の論文を拝読し、興味を持ちました。指導教員の研究は、サプライチェーンの川下にあたる市場関連の論文でしたが、興味を持った私は本大学院の教務課にサポートしていただいて指導教員に連絡を取りました。自分の研究について相談すると後押しを快諾いただき、本大学院進学のため研究生になることに決めました。
研究生の学びについて
研究生になると大学院と大学の授業の中から、進学に必要な知識を学ぶことができます。大学院では国際ビジネス論や戦略経営論など経営にまつわる授業を、大学では国際経済学や地域社会と中小企業など経済や地域政策について学ぶことができます。指導教員とは毎週、最新の市場環境や経済状況の中から研究の切り口となるトピックスを議論しています。今はまず大学院進学のための勉強に取り組み、試験に合格することが最初の目標です。そして、大学院で自分の夢を実現するために努力します。将来は大学院で学んだ専門知識と語学力を生かして、日本の自動車業界で活躍することが目標です。
大阪商業大学 大学院

〒577-8505 
大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10

TEL 06-6781-8816