ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 概要
  4. 教員紹介
  5. 金 度渕 - 商学科

大学について教員紹介

商学科 准教授 金 度渕 Kim Doyon

食品流通、イギリス小売流通論

金 度渕

生年 1975年
学歴
  • 拓殖大学商学部経営学科卒業 1999年卒業
  • 中央大学大学院商学研究科商学専攻博士課程前期課程 2001年修了
  • 中央大学大学院商学研究科商学専攻博士課程後期課程 2010年修了
学位 博士(商学)
主な職歴 千葉商科大学商経学部非常勤講師、拓殖大学商学部非常勤講師、駒澤大学経営学部非常勤講師、大阪商業大学総合経営学部助教、大阪商業大学総合経営学部専任講師
主な担当科目 国際流通史、商学概論、サプライチェーンマネジメント、消費者行動論
専門分野 食品流通、イギリス小売流通論
研究課題 イギリスにおける食料消費の変化とその規定要因としての小売業の発展
研究実績

著書

  • 『基礎から学ぶ流通の理論と政策(新版)』(共)八千代出版(2016a)
  • 『流通・都市の理論と動態(中央大学企業研究所研究叢書36)』(共)中央大学出版部(2015a)
  • 『基礎から学ぶ流通の理論と政策』(共)八千代出版(2014a)
  • 『現代イギリス小売流通の研究』(単)同文館出版(2012)
  • 『商業と市場・都市の歴史的変遷と現状(中央大学企業研究所研究叢書29)』(共)中央大学出版部(2010a)

論文

  • 「イギリスにおけるヘルシーフードの展開と食料消費構造の変化-レディミールの消費動向と所得水準別消費傾向の変化を中心に」『経営経理研究(小原博教授古希記念号),第106号』(2016b)
  • 「イギリスにおけるヘルシーフード消費に関する一考察-1980年代以降の所得構造別にみる食料消費の変化を中心に」『大阪商業大学論集,11(1)』(2015b)
  • 「日本型流通システムにおける小売主導型SCMの可能性-イギリス型小売SCMからの若干の示唆」『大阪商業大学論集,7(1)』(2011)
  • 「イギリスにおける小売ブランド商品戦略の変化がおよぼした食料消費への影響-1980年代から1990年代半ばにかけての調理済み食品の開発を中心に」(日本流通学会論文賞受賞論文)『流通(日本流通学会誌,No.27)』(2010b)
  • 「1980年代から1990年代のイギリス食料消費構造の変容-世帯規模の変容と女性労働力率の上昇による影響を中心に」『流通(日本流通学会誌,No.23)』(2008b)
  • 「1980年代イギリスにおける食料消費と女性の就業化との関連性についての一考察」(研究ノート)『中央大学大学院研究年報(商学研究科篇,No.33)』(2003b)
  • 「イギリスにおける 1980年代の小売業と消費の関係-その方法論的可能性」『論究(中央大学大学院経済学・商学研究科篇,No.35(1))』(2003a)
  • 「1980年代のイギリスにおける小売業の発展とその背景としての消費の変化-消費された食品の推移を中心に」『中央大学大学院研究年報(商学研究科篇,No.32)』(2002)
  • 「小売ロジスティクスの本質-イギリス食品小売業における小売ロジスティクスの発展」『中央大学大学院研究年報(商学研究科篇,No.31)』(2001)

その他

  • 〔調査報告書〕「家電メーカーLG電子(日本流通学会2014年度海外視察調査報告(韓国))」(共)『流通(日本流通学会誌, No.36)』(2015c)
  • 〔調査報告書〕「小売業戦略の中でのロジスティクスの役割(日本流通学会2013年度海外視察調査報告(イギリス))」(共)『流通(日本流通学会誌,No.34)』(2014b)
  • 〔書評〕「岩下弘著(2007)『イギリスと日本の流通政策』(大月書店)」『流通(日本流通学会誌,No.22)』(2008a)   
学会 日本流通学会、日本商業学会、日本消費経済学会、日本商業施設学会、流通経済研究会、マーケティング史研究会、イギリス流通研究会
受賞

日本流通学会論文賞(2011年11月)

社会活動 日本流通学会関西・中四国部会事務局(2012年度~2014年度)、日本流通学会企画委員会企画委員(2015年度より)、日本流通学会関西・中四国部会幹事(2015年度より)
趣味 ドライブ、釣り