ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大学について
  3. 概要
  4. 教員紹介
  5. 谷内 正往 - 商学科

大学について教員紹介

商学科

准教授

谷内 正往 Taniuchi Masayuki

日本商業史・経営史、鉄道と商業

谷内 正往

生年 1965年
学歴
  • 近畿大学商経学部 1988年卒業
  • 近畿大学大学院 商学研究科 博士前期課程 1990年修了
  • 近畿大学大学院 経済学研究科 博士後期課程 1995年単位取得
学位 博士(商学)
主な職歴 近畿大学通信教育部、経営学部非常勤講師
主な担当科目

商業史、大阪の商業Ⅰ・Ⅱ、商学概論Ⅰ・Ⅱ

専門分野

日本商業史・経営史、鉄道と商業

研究課題

大阪の鉄道と小売業に関する史的研究

研究実績

著書

『商学-その歴史・理論・政策』(共)八千代出版、1994年
『現代小売業の構図と戦略』(共)中央経済社、1995年
『戦前大阪の鉄道とデパート-都市交通による沿線培養の研究』東方出版、2014年

論文

「戦前のターミナル・デパート─大鉄百貨店の創立」『生駒経済論叢』第7巻第1号、2009年7月
「電鉄系百貨店の女子商業学校─昭和初期の大阪を中心として」『大阪の歴史』第78号、2012年7月
「戦前、三重県津市大門百貨店の創立」『大阪商業大学商業史博物館紀要』第16号、2015年11月
「戦前阪急に見る鉄道と商業施設」『汎交通(季刊)』平成27年度(Ⅲ) 、2016年1月

「戦前神戸の百貨店ー元町デパートを中心として」『大阪商業大学商業史博物館紀要』第17号、2016年10月

「戦前大阪のデパート・ガールー百貨店のストア・イメージ」『大阪商業大学論集(社会科学編)』第183号、2017年1月

Misc

「鉄道と商業ー戦前大阪のターミナルデパート事情」(関西から見える鉄道の未来図 第12回)『鉄道ジャーナル』(597)、2016年7月

学会

経営史学会、鉄道史学会、市場史研究会、交通史学会、日本消費経済学会、日本商業施設学会

受賞

第6回鉄道史学会住田奨励賞図書の部(2015年10月)

社会活動

鉄道史学会評議員(2016年10月~)、日本消費経済学会理事(2017年3月~)

【講演】関西大学・経済政治研究所第11回公開セミナー、2017年1月「戦前、デパート(百貨店)から見た大阪と京城」千里山キャンパス・児島惟謙館/はびきの市民大学(講座・関西の鉄道史⑩~⑫)2017年1・2月「駅ナカ・ビジネスの源流ー駅弁とキヨスク」「電鉄系百貨店の歴史ー今もなぜ大阪は百貨店の激戦区なのか」「関西の鉄道とレジャーー遊園地、野球場を中心に」羽曳野市立生活文化情報センター/東大阪市連携6大学公開講座(東大阪市教育委員会事務局)、2017年2月「近鉄の歴史と沿線ー自然と生活の変貌ー」東大阪市立男女共同参画センター・イコーラム/大阪市立東淀川区図書館(東淀川区、戦前戦後の変貌について語る)、2017年3月「近代の東淀川区ー鉄道と地域の変貌」(同図書館多目的室)

趣味

小売店めぐり