経済学ってなんだ?

持続可能な社会を目指して
諸課題を解決する「経済学」。

経済学部⻑

⻄嶋 淳教授

私たちの生活を理解し、持続可能な
社会の築き⽅を探るのが「経済学」

生活に必要なモノをつくるためにヒトが働き、お金を得て、そのお金でモノを買うというように、社会ではヒト、モノ、お金などの資源が相互に関係しながら動いています。これらを繰り返すことで、私たちは生活を続けることができます。このような、生活を支える仕組みが経済です。
しかし、資源には限りがあります。持続可能な社会を築いていくため、資源を利用する際の分け方について考える学問が「経済学」です。
私たちの生活に関わる問題には、国や地域に広く関わる問題、長期に影響が及ぶ問題があります。また、経済の状況は複雑で、絶えず変化しています。経済の根本の姿を見極めようという狙いから、遠目・長い目でみることが「経済学」の基本であり、重要な部分を取りあげて検討しようとする接近方法がその特徴です。
「経済学」は、私たちの生活を理解するための実用的な道具であり、生活に関わる諸問題を解決するために役立ちます。

地域社会の諸問題について自分で考えることができるようになる学び

持続可能な地域社会を築いていくためには、経済社会の動きを正確に分析し、柔軟な発想と幅広い視野で物事を考えることが大切です。経済学科では、国内外の地域社会が抱える諸問題を理解し、解決に導く実践的な能力を備える人材の育成を目指して、経済学を基軸に広範囲な理論や知識を身につけるための学びを展開しています。
その学びは、自分で考えることができるようになるために、これまでに得た経済に関する部分的な知識などを比較したり関連づけていくことにより進めていきます。実際に「中学、高校で習った地球温暖化について自分なりにどうすればよいか考えを深めたい」「地域の活性化に役立ちたいので産業の現状や課題について学びたい」「自信をもって意見を述べたいので統計データを適切に分析できるようになりたい」などの考えを持つ1年生が多数在籍しています。
通説をうのみにせず、現状に疑問を持ち、問題の解決に取り組んでみたいという方に推薦します。