商経学会 | 教育研究活動 | 大学について | 大阪商業大学 - Osaka University of Commerce

教育研究活動

商経学会

大阪商業大学商経学会は、本学教授・准教授・専任講師・助教・助手及び本学大学院博士後期課程在学生からなる正会員、在学生からなる購読会員、本学卒業生その他評議員会において認めた賛助会員をもって構成され、本学の建学の精神に則り、研究発表を通して学術の研鑚をはかることを目的としています。本会では上記の目的を達成するために、主に次の二つの事業(研究発表会と論集の発行)を行っております。

研究発表会

商経学会研究発表会は年6回、原則として5月・6月・7月・10月・11月・1月の最終水曜日に前段と後段に分けて行われます。ここでは日頃の教員の研究成果を、肉声を通して聞くことができます。

研究発表会研究発表会

論集

商経学会では、『大阪商業大学論集』の発行を行っています。『大阪商業大学論集』は正会員の研鑚、発表の場として、発行は年4回で、6月1日と1月20日発行の論集が社会科学篇で経済・経営が中心です。 7月1日及び2月10日発行の論集は人文・自然・社会篇で経済・経営以外の全領域をカバーしています。論集には本学教員の最新の研究成果が発表され、全国約500の大学図書館・研究機関に配布されております。入手ご希望の方は、下記連絡先までお問合せください。『大阪商業大学論集』の創刊号からの目次は、図書館のホームページ(https://ouc.daishodai.ac.jp/lib/)で検索できます。また、2014年10月から大阪商業大学学術情報リポジトリで研究成果を公開しています。

第16巻第4号(通号200号)2021年3月発行

論説

タイトル 執筆者
東井義雄における「善意の哲学」
―地域社会と生活実感―
長妻三佐雄
豊中市の市民活動組織と人材育成
―「とよなか地域創生塾」への展開―
中嶋貴子
河内と東北
―坂上田村麻呂の影―
石上 敏

第16巻第3号(通号199号)2020年1月発行

論説

タイトル 執筆者
イノベーション概念の再考
―日本政府の政策方針を素材として―
明石芳彦
技能は中小製造業者の業績を高めるか 村上義昭
高齢期における所得保障制度の将来
―先進諸国の事例から学ぶこと―
三好和代
個人の活動空間の増加がサイコロジカル・キャピタルに与える影響 辺見佳奈子

資料

タイトル 執筆者
ロシア統治機構改革と経済課題 中津孝司

第16巻第2号(通号198号)2019年8月発行

論説

タイトル 執筆者
小地域統計を用いた公共交通沿線の空間構造に関する研究
―日仏米の地方中規模都市域における比較研究―
石川雄一
アクティブラーニングとしての企業体験教育プログラムの構築 林 幸治
柴田 孝
北室康一
金 度渕

実践報告

タイトル 執筆者
オブジェクト指向プログラミングの効果的学習順序の検討
―プログラミング講習会での実践をもとに―
樽磨和幸
小林俊和

第16巻第1号(通号197号)2020年8月発行

論説

タイトル 執筆者
電気自動車(EV)の普及に係わるアフター・マーケットの課題について 孫飛舟
Does Social Capital Affect Wages? 柗永佳甫

研究ノート

タイトル 執筆者
産業革命期におけるスコットランドの人口動向―人口成長と都市化― 林 妙音

資料

タイトル 執筆者
クレムリン外交戦略の新展開 中津孝司

過去の論集

TEL
06-6785-6139
FAX
06-6785-6237
E-Mail
hiken@oucow.daishodai.ac.jp