ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大の学び
  3. 経済学部 経済学科
  4. 学科教育の3つのポリシー

大商大の学び学科教育の3つのポリシー

2009年の開学60周年を機に、大阪商業大学では、「建学の理念」とそれを支える「4つの柱」をベースとする「学部教育の3つのポリシー」を明確化。
「アドミッションポリシー(入学生受入れ方針)」「カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)」「ディプロマポリシー(学位授与の方針)」の3つのポリシーを基に、学びの充実度がアップ!大阪商業大学は、未来へ、さらにその先へ進化します。

アドミッションポリシー(入学生受入れ方針)

【求める学生像】

●世の中の経済の動きについて理解を深めたい。
●貧困の克服や格差の是正について学びたい。

●特色あるものづくりに関心がある。
●中小企業の課題について学びたい。

●環境問題について学びたい。
●安心で安全な食や住まいに関心がある。

●金融や証券の仕組みに関心がある。
●不動産資産の有効活用に関心がある。

●国や地方自治体の財政に関心がある。
●地域経済について学びたい。

 

【育成方針】

市場の適切な活用によって、人々の暮らしを向上させ、社会を豊かにさせることを目指す学問が「経済学」であり、この学修を通して、消費者や企業、国が直面するさまざまな経済問題を解決できる人物を育成します。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

経済学の基本とその応用について教育します。地域社会や産業を支えている経済のシステム(仕組み)について、社会的関心の高い分野に焦点を当てながら教授します。幅広い視野を持ち、問題解決できる実践的な能力の養成を目標とします。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

4年間の学修の到達目標を「4つの柱」に沿って示しています。社会が求める人材の多様化により、内容は各学科で異なりますが、「楽しい生き方」は全学科共通。明確化することにより、学生自身が計画的に学習を進めることができます。

1:知識・理解(基礎的実学)
経済に関する専門的知識をもち、社会において適切に活用することができる。
2:汎用的技能(楽しい生き方)
幅広い教養と豊かな人間性を身につけ、充実した職業生活や社会生活を送ることができる。また、仕事や様々な活動を通して社会に貢献することにより、生きがいを感じることができる。
3:態度・志向性(思いやりと礼節)
社会の一員としての意識をもち、経済の発展のために責任ある行動をとることができる。
4:総合的な学習経験と問題解決力(柔軟な思考力)
経済社会の動向を正確に分析しつつ、柔軟な発想とグローバルな視点で物事を考えることができる。また、それを、企業あるいは地域社会での活動にいかして活躍できる。