ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンクです
グローバルナビゲーションへ
メインコンテンツへ
サイトナビゲーションへ
  1. トップページ
  2. 大商大の学び
  3. 公共学部 公共学科
  4. コース紹介

大商大の学びコース紹介

各自の興味・関心に合わせて学べるよう、複数のコースを設置。夢の実現に向けて、身につけるべき能力を養います。
コースの選択は2年次から。興味・関心の変化に伴い、コース変更も可能です。公共経営学科では2コース4分野を設け、多彩な科目を開講しています。

スポーツと社会参加コース(スポーツ)

スポーツビジネスのマネジメントとスポーツ振興政策について、スポーツのもつ公共性の視点から学び、これらに関する仕事を通じて社会への貢献を目指します。

身につく能力・育成する人材像

スポーツ関連事業に関するマネジメント理論的、実践的知識を公共マインドをもって社会に貢献できる人材。

能力を活かせる分野・職業等 スポーツ関連の民間企業・NPO、国・地方自治体のスポーツ振興部門、警察署や消防士
目標とする資格等 国家・地方公務員、スポーツリーター、クラブマネージャー、アシスタントマネージャー、経営学検定、コミュニケーション検定、ビジネス実務マナー検定
学ぶべき分野 スポーツ事業論、スポーツビジネス経営論、地域スポーツ論、スポーツ活動マネジメント
履修モデル(2018入学生) スポーツと社会参加コース(スポーツ)

 

スポーツと社会参加コース(マインドスポーツ)

スポーツやマインドスポーツを用いて、地域住民の社会参加を手助けすることで、社会に貢献することを目指す。

身につく能力・育成する人材像

スポーツやマインドスポーツを普及させるための理論やそれらの歴史を学ぶことによって、公共空間の創設に寄与し、社会に貢献できる人材。

能力を活かせる分野・職業等 地方自治体の社会福祉部門、社会福祉法人公益財団法人、民間スポーツ施設
目標とする資格等 国家・地方公務員、経営学検定囲碁普及指導員、将棋普及指導員コミュニケーション検定、ビジネス実務マナー検定
学ぶべき分野 頭脳スポーツ文化論、スポーツビジネス経営論、地域頭脳スポーツ指導論、NPO経営戦略論
履修モデル(2018入学生) スポーツと社会参加コース(マインドスポーツ)

 

地域と社会参加コース

地域の公共空間を豊かにするために、福祉や観光・文化分野の事業や政策について学び、これらに関わる仕事を通じて社会貢献することを目指します。

身につく能力・育成する人材像

地域社会に貢献するための理論や手法を学ぶことを通じて、公共の精神を身につけ、地域貢献という視点から社会で活躍できる人材。

能力を活かせる分野・職業等 地方自治体の観光・福祉関連部門、観光・福祉関連企業、観光・文化施設、イベント企画会社、観光局スタッフ
目標とする資格等 国家・地方公務員、社会福祉士、介護福祉士、コミュニケーション検定、旅行業務取扱管理者(国内・総合)
学ぶべき分野 公共学、公共経営論、地域社会参加論、社会福祉論、地域経営論
履修モデル(2018入学生) 地域と社会参加コース

 

公共とビジネスコース

ビジネスの力で社会が抱える様々な課題とその解決に向けた取組を学び、仕事を通じて社会貢献することを目指します。

身につく能力・育成する人材像

公共マインドを持ち、利益の獲得と社会貢献を両立させることのできる経営のプロを育成します。

能力を活かせる分野・職業等 医療、教育、福祉などに関わるビジネス、国家公務員、警察官や消防士などの地方公務員、企業のCSR部門、NPOスタッフなど
目標とする資格等 経営学検定、コミュニケーション検定、ビジネスの実務マナー検定、ホスピタリティ検定、P2M資格、社会保険労務士、中小企業診断士、社会調査士、福祉力検定など
学ぶべき分野 公共学Ⅰ・Ⅱ、公共経営学入門、公共経営論、絆のネットワーク論、社会的企業論、NPO論など
履修モデル(2018入学生) 公共とビジネスコース
  • 資料請求
  • お問い合わせ先一覧
  • 入試情報サイト
  • 2015年度入試一覧

大商大の学び