資格を活かして就職へ | 資格取得実績 | キャリア・就職支援 | 大阪商業大学 - Osaka University of Commerce

資格取得実績

資格を活かして就職へ

資格取得を活かして就職へ~内定者インタビュー~

在学中に資格講座を受講し、資格取得の経験を活かして就職された方にインタビューさせていただきました。
資格の勉強を通して身に付けた知識は業界研究に活かすことができ、目標達成への努力で培われた継続力や精神力は、社会に出ても発揮することができます。

三井住友銀行内定

山口美佳
総合経営学部 経営学科

子どもの頃から銀行員になりたかったので、大学入学後は資格取得に注力し、宅地建物取引士ビジネス会計検定ファイナンシャルプランニング技能検定を取得しました。
面接では取得資格の多さより、取得に向けた努力が高い評価につながったと思います。
宅建講座を受講した際に知り合った先輩が、私の目指す銀行に入行されていたので、就職の相談に乗ってもらえたのも良かったです。

東急リバブル株式会社 内定

嶋田 卓弥
経済学部 経済学科

就職活動を前に、「何か一つでも武器になるものを」と思い、資格講座「宅地建物取引士」を受講しました。
今まで聞いたことのない法律の専門用語が多く、勉強中は言葉に慣れることが大変でした。
講座では知識だけではなく、「将来この資格がいかに役立つか」を教えてくれたため、どれだけ勉強が大変でも、辞めたいと思ったことはありませんでした。
資格の勉強を通して不動産の仕事に興味を持ち、業界を絞って就職活動をスタート。
業界必須の資格なので、持っていると選考で話を振ってもらえることも多く、志望動機の根拠づけにも繋がりました。
今後は不動産業界で活躍できるように、幅広い知識を身に着けながら、お客様に信頼される人になりたいと思います。

大和ハウス工業株式会社 内定

河合 泰真
経済学部 経済学科

宅地建物取引士の勉強は今までに学んだことのない分野で、最初はテストの点数が全く上がらない時期が続きました。
しかし、「とにかく最後までやりきろう」という気持ちで、早朝から夜遅くまで、空き時間を捻出して勉強することで、徐々に点数を上げることができました。
先生は一人ひとりの質問に丁寧に答えてくれるだけでなく、プラスアルファで様々なことを教えてくれるため、興味の幅が広がりました。
資格を活かして活躍している人の話や、資格に関わる日常生活から将来的にも役に立つことを話してくれるため、初めて勉強を楽しいと思うことができました
宅地建物取引士の勉強を通して、志望先をハウスメーカーに決定。
インターンシップや会社説明会で「宅建を持っている」と話すと、人事の方や他の就活生と話が弾むことが多かったです。
仕事で必要となる資格なので、学生のうちに取得しておいて良かったと思います。

Interview~内定者3人に聞く、宅建講座の魅力とは~

宅建講座を受講して、希望する会社に内定した3名の学生に、勉強や就職活動についてインタビュー。
「勉強は大変だったけど、受講して大きく成長できた」と語る姿から、勉強の方法を教えてもらうだけではない講座の魅力を知ることができました。