閻 和平 | 地域経済政策専攻専任教員 | 教員紹介 | 大阪商業大学 大学院

地域経済政策専攻専任教員

閻 和平

閻 和平 教授
Yan Heping

住宅政策の視点から中国経済・社会を解析。

住宅は家であるとともに、町であり、社会である。住宅政策の研究はその国の経済・社会現状の考察と経済・社会構造の分析である。いま、中国経済・社会が大きく変容した。その変化を住宅政策の視点から学び、捉え直したいと考えている方を歓迎します。

プロフィール

専門分野 都市・地域経済学 住宅政策
担当科目 比較地域特殊講義 演習Ⅰ・Ⅱ
所属学会 応用地域学会、近畿都市学会、日本都市学会 他
経歴 京都大学経済学部 1986年卒業、京都大学大学院経済学研究科博士後期課程 1994年単位取得満期退学、大阪商業大学講師・助教授
学位 博士(経済学)・修士(経済学)
著作・論文
  • 「城中村改造と包摂型住宅政策の実現」〔『東アジア都市の社会開発』明石書店 2022年〕
  • 「デジタル産業集積と居住貧困の新局面」〔『分断都市から包摂都市へ 東アジアの福祉システム』東信堂 2020年〕
  • 「分断の中国都市社会と空間的排除」〔『東アジア都市の居住と生活』東信堂 2019年〕
  • 「都市政策と空間事象としての社会的排除―居住貧困地域「城中村」を読み解く―」〔大阪商業大学論集 第15巻第1号 2016年〕
指導した修士論文
  • 「日本の社宅制度と事例研究」
  • 「高齢社会と中国のバリアフリー推進政策について 日本からのインプリケーションを踏まえて」
  • 「AIと住まい・暮らしの変革について ―健康と安全・安心の視点から」
  • 「北京市の郊外型大規模住宅団地に関する研究 ―回龍観を中心に」
  • 「中国における胡同(伝統住宅地)の保全と利用に関する一考察 ―南鑼鼓巷を中心に」
  • 「経済発展と中国農村住生活様式の変容について」
  • 「都市規模別に見る中国住宅バブルの現状とゆくえ ―上海と南通を例として」  他
大阪商業大学 大学院

〒577-8505 
大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10

TEL 06-6781-8816